連載
» 2015年01月31日 00時15分 UPDATE

消費カロリー台無し企画:Ingressメシ【第3回】敵ポータルを焼き払え! 上野の「焼肉たむら本店」

歩き回ったらお腹が空く。ダイエット? 知らんがな! うまいもん食べたい!

[山口恵祐,ITmedia]
ky_ingress050.jpg Ingressの消費カロリー? 今回も台無しにしてやりますよ

 本連載「Ingressメシ」は、「Ingressでやせる!」などという無茶なことは言わずに、ゲームを楽しみがてらポータル付近のおいしそうなものを思うさま喰らって、「せっかく歩き回って消費したカロリーを台無しにして帰ってくる」ことを目的とするものである――。

 第3回の今回は、東京上野周辺にやってきた。上野恩賜公園(通称「上野公園」)を始めとする一帯周辺は、ポータルが非常に密集している激アツスポットとして有名だ。経験値(AP)やユニークポータル稼ぎに最適な場所ということで、Ingress界で日々賑わっている場所なのである。筆者は最近エージェントレベルが10にようやく上がったのだが、レベルを上げるために攻めの姿勢を続けたおかげで、深刻なアイテム不足に陥っていた。そこでポータル密集地帯でアイテムを補給しようというワケだ。

ky_ingress038.jpg

寒くてもなぜかやめられない

 時刻は午前1時過ぎ。タクシーと夜のお店のキャッチであふれる上野の街をそそくさとスマホ片手に歩く。もう少し早く来るつもりだったのだが、予定が押してこんな時間になってしまった。今夜遅くから都内でも雪の予報ということで、降雪を予感させる段違いの寒さが身に染みてくる。Ingressの不思議なところは、いくら寒くてスマホを持つ手の感覚がなくなってきても、「後もう少しだけ……!」と続けてしまうところだ。さっさと家に帰って暖かくしたほうが、幸せ指数は高い気がするのだがやめられない。本当に中毒性のあるゲームだと実感する。

ky_ingress039.jpgky_ingress040.jpg (左)スキャナー越しで見た場合(右)ブラウザで利用できるIntel Mapで見た場合

 上野公園を一周すると大体1時間半ほどかかるのだが、本当にポータルの数が多い。スキャナー越しだと表示できるポータルの数に限りがあるので控えめに見えるが、ブラウザからIntel Mapを開くと、すさまじいポータルの密集が見て取れる。街灯が照らす誰もいない公園内で、スマホ片手に嬉々として歩いている姿は非常に奇妙であろう。皆様におかれましては世間体に十分注意されたし。

ky_ingress041.jpg もう少しネーミングに慈悲が欲しかったところだ

 上野といえば上野動物園ということで、街中にはパンダがいたるところに存在しているが、中でも筆者の一押しポータルは「よく見るとキモいぱんだ」である。ネーミングセンスが光るこのポータルは、上野では「珍ポータル」としてあまりにも有名。ある交番の近くに潜んでいるので、ぜひ探して訪れてみてほしい。ほっこりすること間違いなし。

ポータルを攻撃してみよう

 前回までにご紹介した「ハック」と「リンク」「CFの構築」をこなしていると、段々レベルが上がってきたのではなかろうか。レベル6を超えたならば、そろそろ敵ポータルを攻撃してみよう。攻撃して敵ポータルを壊すことで、自軍のポータルにすることができる。

ky_ingress042.jpgky_ingress043.jpg (左)FIRE XMPを選ぶ(右)バスターを選んで攻撃できる

 敵ポータルの近くでマップ上を長押ししたら、「FIRE XMP」を選ぶ。すると所持しているバスター(武器)が選べるので、攻撃するポータルのレベルよりも上のバスターを使ってみよう。筆者は最上位のレベル8バスターが使えるので、遠慮なくぶっ放してみた。

ky_ingress044.jpg

 攻撃は円状に広がっていくので、ご覧のとおり周囲のポータルを根こそぎ攻撃できる。これはポータル密集地帯ならではの爽快感、そして高レベルエージェントの特権とも言える。

ky_ingress045.jpgky_ingress046.jpg (左)攻撃前と(右)攻撃後

 というわけで、敵陣が陣取っていたところを取り返すことに成功。緑に染め直すことができた。人によってプレイスタイルはさまざまだが、攻撃ができるようになるとIngressがさらに面白くなるのは間違いない。レベルが上がってきたら、ぜひ「攻めのIngress」を体感してほしい。

で、お腹が空いた

ky_ingress047.jpg

 上野公園周辺をしばらくウロウロしていたのだが、実は今夜はまだ夕食を摂っていない。さすがに空腹だと効率も薄れてくるので何か食べたいところ。そこで上野といえば焼肉の激戦区――ということで、深夜でも営業している「焼肉たむら本店 広小路店」を訪れてみた。

 店内は非常に遅い時間にもかかわらずお客さんがいっぱいで活気あふれていた。席は一階と二階があり、店内はわりと余裕のある作りでゆったりすることができる。お通しのごま油の効いたもやしをほおばりつつ、適当に注文してみる。

ky_ingress048.jpg ロース
ky_ingress049.jpg

 まずは、ロースから。脂が多い肉がキツくなってきた身としては非常にうれしい赤身。とても柔らかく、噛むたびに旨みがあふれてくる。

ky_ingress050.jpg 上ロース
ky_ingress051.jpg

 こちらは「上ロース」。先ほどのロースと比べると脂が乗っていて味わいがよりまろやか。厚みがあるがスジはなく簡単に噛み切れる。女性でも一口でいけると思う。ご飯との組み合わせは相性バッチリ。

ky_ingress052.jpg 上ハラミ
ky_ingress053.jpg

 こちらの「上ハラミ」は、上ロースのように少し厚みのあるお肉で満足度が高い。とても柔らかくて食べやすかった。個人的にはレモン汁で食べるのがお気に入り。

ky_ingress054.jpg 上カルビ
ky_ingress055.jpg

 お皿にドドンと乗っかってきてインパクトがあるのがこの「上カルビ」。もちろんちゃんとカットされているので食べやすい。コショウが効いていてスパイシーな味わいだった。こちらもレモン汁を付けるとさっぱり食べられる。

ky_ingress056.jpg あぶらホルモン
ky_ingress057.jpg

 最後に、店内に入ったときから気になっていた「あぶらホルモン」を注文。人気メニューとのことで、外側がパリっと焼けたところで食べてみたが、ほわほわした柔らかさで噛めば噛むほど美味しい。名前の通り脂がかなり多いが、不思議と嫌味なくパクパクと食べられる。

 このお店、肉以外にも色々なメニューがあって一度の来店では堪能しきれない。お店の雰囲気や店員さんの対応も良く、久しぶりにまた来店したいと感じた焼肉店だった。

焼肉たむら本店 広小路店

台東区上野2丁目5番地1 YSビル1F 営業時間(月〜土)17:00〜翌9:00(日・祝)17:00〜翌5:00 年中無休


次はどこへ行こう

 Ingressでガッツリ歩いたら、美味しい肉を喰らう。食欲に忠実であることはエージェントとしての誇りだと思う。何を言っているかわからないと思うが、多分真理だ。次回Ingressで有名なスポットを発掘して、Ingressを理由に美味しいものを食べたいと思う。カロリーは気にしなくても大丈夫、だって歩いてるし!

(次回へ続く……)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!