連載
» 2015年02月12日 06時00分 UPDATE

身体を張って検証しました:ブランパンだけじゃない! ローソンの健康食品でやせられるか? 1週間チャレンジ

低糖質で話題の「ブランパン」を数多く発売しているローソン。ダイエットに関心がある人なら食べたことがあるのでは? 実は探してみるとローソンにはほかにも健康に良さそうな食品が……。

[小林誠,ITmedia]

 ローソンと言えば「ブランパン」。糖質制限ダイエットをしたことがある人なら(筆者もだ)、一度は食べたことがあるのではないだろうか。そこで「ローソンの健康に良さそうな食品」を1週間食べ続けてみた。当然、セブンイレブンやファミリーマートとは違って「パンを選べる楽しみ」が非常に大きかったのだが、果たして結果は……?

ts_lawson01.jpg ブランパンを買い漁った筆者。糖質を表示した青い表示を、他の菓子パンと見比べてほしい。その差に驚くはず

・→1週間ダイエット:セブンイレブン編

・→1週間ダイエット:ファミリーマート編

ダイエット中でもパンやお菓子を食べたい! ならばローソンへ!

 まずローソンの商品でダイエットをすると、気付くのは次の7点となる。

ローソンの食事でダイエット

良い点

  • ブランパンの種類が豊富
  • ナチュラルローソンの商品がヘルシー
  • お菓子にも「ブラン」
  • 節約しやすい

悪い点

  • ご飯、麺系少ない
  • サラダがつまらない
  • 汁物が少ない

 やはりほかのコンビニとの大きな違いは「ブランパン」の存在だ。普通のパンより糖質(炭水化物)が低いのが特長で、糖質制限をしたいがパンを食べたい、という人にはうれしい商品だ。一般的にご飯やパン、麺類は炭水化物なので、糖質制限をしているときは食べるのがなかなか難しい。

 ところでこの「ブラン」って何なの? とローソンのニュースリリースを確認してみると「小麦の外皮」や「コメのふすま」を使っているという。

 ではこの「コメのふすま」とはなんだろう? とWikipediaを読んでいると「ふすま」というのは「小麦の糠(ぬか)」のこと、と書かれている。

 つまりコメのふすまとは「米ぬか」じゃないのか、最初からリリースにそう書けばいいのに、とツッコミを入れたくなるのだが、この企画はそういう話をするのではなく、ともかく筆者が何かを食べて人柱になるためにあるので忘れる。

 糖質制限ダイエットを一時期成功させたことがある筆者としては、その効果を知っているのでやはり心強い。そのうえ種類が多いので飽きない。

 また「お菓子」の商品ラインアップは非常に充実している。こちらも「ブランクッキー」や「ブランスナック」など、やはり糖質を抑えたオリジナル商品を中心にそろえている。

ts_lawson02.jpg 「ブランクッキー」をはじめとしたお菓子。これもナチュラルローソンの商品。しっとりして筆者は好き。ただし一番好きなのはサクサクの「こんにゃくチップス」だ

 一方で筆者は今回「ローソン」で買い物をした。ブランパンをはじめ健康に良い、ヘルシーな商品は「ナチュラルローソン」に多いため、ナチュラルローソンにはあっても、ローソンにはない、という商品が多数ある。

 とくに気になるのが「弁当」類。健康をうたう商品がローソンではなかなか見当たらない。筆者の場合、「1日の2分の1の野菜が摂れる ちゃんぽん」を見つけただけだった。ご飯、麺系が好きな人には辛いところだ。

ts_lawson03.jpg 麺好きの希望「1日の2分の1の野菜が摂れる ちゃんぽん」は、バーコード側を見ると「レンジ野菜ちゃんぽん」という名前になっているので注意(気付かないときがある)

 「サラダ」や「惣菜」にもたいして魅力を感じない。ただしほかのコンビニと同じくらいの種類はあるので、単に最近セブンイレブンファミリーマートとコンビニの商品ばかり食べてきたので筆者が飽きているだけ。通常であれば、ダイエットに心強い商品と言える。

 「汁物」に関しては、ローソンオリジナルの商品が少ないだけで、実際はレトルトのカップや袋の味噌汁、スープなどは豊富にある。ただ今回はなるべくローソンならではの商品で固めた。

パンとお菓子ばかり……それでも節約しやすいのはメリット

 さて筆者はどんな商品を食べたのか? 一週間なんやかんやと忙しく、買いだめという方法をとり、購入回数は6回。ほぼこれを2食に分けているので、一週間21食中12食がローソンの食品ということになる。もちろん、ほかにご飯を自分で炊いたり、主菜が別にあったりするので、12食すべてがローソンでできている、というわけではないが。

 購入した商品は43品。同じ商品を2回購入した場合もある。ラインアップは以下の通り。

購入回 メニュー名 価格(税込) カロリー
1回目 ブランのモッチリング チョコ&オレンジ 130円 167kcal
アサイー&クランベリーブラン 2個入 150円 92kcal
ブランのコーヒーシフォン 160円 153kcal
チーズとハムのふわふわロール 2個入 103円 74kcal
ブランのパンケーキ 3個 195円 111kcal
ほろにがショコラ&ホイップブラン 150円 173kcal
ブランブレッド 175円 219kcal
2回目 ポークウィンナーチーズロール 150円 196kcal
チーズとハムのふわふわロール 2個入 103円 74kcal
ブランクッキー 148円 174kcal
こんにゃくチップス のりしお風味 148円 61kcal
ブランスナック コンソメ風味 148円 198kcal
ブランクリームサンド 148円 171kcal
ブラン豆乳クッキー 148円 159kcal
ブランミニハーベスト 148円 196kcal
3回目 ごま豆乳坦々鍋 360円 131kcal
1日の2分の1の野菜が摂れる ちゃんぽん 498円 329kcal
いわしの生姜煮 225円 173kcal
サバの味噌煮 225円 268kcal
ブランサンド サラダチキン 260円 201kcal
1日の2分の1の野菜が摂れるサラダ 278円 44kcal
4回目 アロエヨーグルト クリームサンド 148円 275kcal
アボガドサンド 340円 304kcal
ブランサンド ハムたまご 210円 221kcal
ブランのチョコロール 150円 237kcal
ごぼうサラダ 121円 97kcal
パンプキンサラダ 121円 131kcal
やさい豆 162円 144kcal
五目白和え 121円 94kcal
マカロニサラダ 121円 166kcal
5回目 ブランのパンケーキ 3個 195円 111kcal
アサイー&クランベリーブラン 2個入 150円 92kcal
ブランのチョコロール 150円 237kcal
チーズとハムのふわふわロール 2個入 103円 74kcal
ポークウィンナーチーズロール 150円 196kcal
ブランのモッチリング チョコ&オレンジ 130円 167kcal
6回目 アボガドサンド 340円 304kcal
柚子胡椒ツナ&根菜のトルティーヤ 399円 266kcal
堅焼き 豆乳おからせんべい 148円 156kcal
えんどう豆スナック 148円 62kcal
1日の2分の1の野菜が摂れる ちゃんぽん(レンジ) 498円 329kcal
ごろごろ野菜のおみそ汁 132円 62kcal
たっぷりわかめスープ(10袋) 307円 340kcal(10食)
合計 43品 8394円 7429kcal

 パンとお菓子ばかりになっている……。「ブランパン」でも、チョコ入りや、パンケーキがあったり、甘いものが多く、食事というより全体的に「おやつ」という感じは否めない。もっとも通常の菓子パンと比べても十分おいしいので、「ダイエットで菓子パンが食べられない」と苦しんでいる人には良さそうだ。

 また43品合計で8394円、合計カロリーが7429kcal。12食で割ると、1食あたり699.5円、619kcalと、ほかのコンビニと比べ安価で低カロリーに抑えられる。

 ただし一番高価だったのは前述した「1日の2分の1の野菜が摂れる ちゃんぽん」で498円。ブランパンは1個1個は小さいので、3個買うとして400〜450円くらい。サラダや飲料水も買うと普通は1食800円前後になりそう。しかしローソンの場合、組み合わせられるヘルシー系商品が多いので、節約もしやすいはずだ。

ts_lawson04.jpg ほかのコンビニでもおなじみの「1日の2分の1の野菜が摂れるサラダ」は量が多く、278円と高い。サラダと組み合わせると高くなってしまう……

店によってラインアップに差 変わり種の商品も意外とある

 またローソンで買い物をしていて気付くのは、店舗によって「ブランパン」をはじめとしたナチュラルローソン系の商品数が違うこと。ほとんど見当たらない店もあり、また売り切れるのが早かったりする。そうなるとヘルシー系商品をそろえるのが難しくなる。

 一方で予想外にうれしかったのは「ブランパン」だけでなく、「ブランサンド」「アボガドサンド」「トルティーヤ」という、ヘルシー系の変わり種もあること。「ブランパン」は種類は豊富でも味が似ているので、違うタイプを食べたいときに助かる。

 今回の商品の一例を以下に紹介する。

ts_lawson05.jpg アボカドサンドとトルティーヤ。トルティーヤは普通肉がメインだと思うが、これは野菜の量が多い
ts_lawson06.jpg ブランサンド+サラダチキン。もちろんローソンにはサラダチキン単体も売っている
ts_lawson07.jpg 「ローソンセレクト」のお惣菜。これも健康系の食品だが、ローソンにしては地味、というのは期待のし過ぎか?
ts_lawson08.jpg 「カントリーマアム」や「ビスコ」もナチュラルローソン向けの商品がある。これもまたお菓子選びが楽しくなる

体重は結局増えて80キロへ もう少し工夫がほしかった

 さて結果的に体重はどうなったかと言うと……増えてしまった。初日は78.7キロ→一週間後には80.95キロ。筆者は体重が通常82キロほどあり、久々に78キロ台となっていたのだが、あっさりと元に戻りつつある。

ts_lawson09.jpgts_lawson10.jpg (左)初日。(右)一週間後。せっかく減ってきたのに……

 体重の計測にはタニタの「インナースキャン50 BC-313」を使っている。ほかの計測項目の変化も以下に挙げる。

  • 体重/78.7キロ→80.95キロ
  • BMI/27.7→28.5
  • 体脂肪率/23.6%→24.0%(いずれも軽肥満)
  • 筋肉量/57.05キロ→58.30キロ(いずれも多い)
  • 内臓脂肪/12.0レベル→12.5レベル(やや過剰)
  • 基礎代謝/1日1707kcal→1750kcal(いずれも標準)
  • 体内年齢/36歳→36歳

 もちろん、ローソンの食事だけであれば摂取カロリーは少なくやせるはずだが、外出先で腹が減れば外食をすることもあった。さらに「ブランパン」や「ブラン系お菓子」が多かったために、ご飯を足したり、甘い食事が続く中で「しょっぱいものが欲しいなあ」と思うときもあり、食事をもう少し考えて摂ればよかった、と後悔している。

 それでもまだ82キロに戻ってはいないので希望はありそう。次回は「ドラッグストアで買えるサプリでやせる」を試す。いつもの食事の前、あるいは食事中、食後に、サプリを飲むだけでダイエットができるという夢のようなことが本当に可能なのか。食事の制限はないので思い切り太りそうな気もするが……楽しみにしてほしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.