連載
» 2015年02月21日 00時15分 UPDATE

消費カロリー台無し企画:Ingressメシ【第6回】ミッションを制覇せよ! 新宿1丁目の「まいどおおきに食堂」

歩き回ったらお腹が空く。ダイエット? 知らんがな! うまいもん食べたい!

[山口恵祐,ITmedia]
ky_ingress090.jpg そうそう、こういうのでいいんだ

 本連載Ingressメシは、「Ingressでやせる!」などという無茶なことは言わずに、ゲームを楽しみがてらポータル付近のおいしそうなものを思うさま喰らって、「せっかく歩き回って消費したカロリーを台無しにして帰ってくる」ことを目的とするものである――。

 第6回の今回は「新宿御苑」にやってきた。旧皇室苑地で現在は国民公園となっているこの場所は、都会の喧騒からふと開放してくれる緑豊かなオアシス。たまにはゆっくり落ち着きたい時もある。……結局Ingressはやるのだけど。

よく聞く「リアル課金」ってなんだ

ky_ingress091.jpgky_ingress092.jpg (左)これが水溜りシールドか……(右)都会のオアシス感

 時刻は15時過ぎ。天気は雨。……雨! 先に言っておくが、雨の日なんかに新宿御苑に来るものではない。傘で手は塞がってしまうし、遊歩道は水溜りだらけで足場は悪い。さらに厚い雲のせいでスマホのGPS精度が落ちるのでIngress的には最悪の環境なのだ。……しかし、おかげで他のお客さんをほぼ見かけることなく苑内は貸切状態。16時半の閉園間近だったというのもあるが、人がいない自然はえらく開放的。挙動不審……おっと失礼、隠密行動を心がけるエージェントとしては動きやすかった。こういうのもちょっと良いかなと思ったり。

ky_ingress093.jpg

 ちなみに新宿御苑の入園料は大人200円。Ingressは完全無料だが、ゲーム目的でこういった金銭が伴う行為をすると「リアル課金」なんて言われたりする。かく言う筆者もモバイルバッテリーはもちろん、クロスバイクにスマホホルダーを装備したり、Ingress遠征のために車にガソリンを補給したりでいろいろやってしまっている。……ある意味この連載の食事もリアル課金なのかもしれない。

ミッションに挑戦してみよう

ky_ingress094.jpgky_ingress095.jpg (左)ミッション一覧画面(右)ミッション中は、次に向かうべきポータルへナビしてくれる

 さて、今回ご紹介したいのは「ミッション」と呼ばれるものだ。まずはスキャナー画面でOPS→MISSIONを選択してみよう。現在地に近いポータルを周るミッションのリスト一覧が表示されるはず。ミッションは複数のポータルをハックしたり、指定された条件(キャプチャー、CF構築など)をこなしながらスタンプラリーのように回っていく。ミッションをクリアするとそのアイコンがプロフィール画面にずらっと追加されていくので、コレクション的要素もあったりするのだ。また、クリアしたミッション数によって取得できる実績メダルもあるので、レベルアップを目指すなら見逃せないものでもある。

ky_ingress096.jpgky_ingress097.jpg

 今回訪れた新宿御苑にもレトロ建築を巡ったり、見どころのあるポータルを周ったりするものなど、豊富な数のミッションが用意されている。苑内には100個以上のポータルが存在するが、闇雲に周るのではなくさまざまなテーマに沿って作成されたミッションをプレイすることで、ちょっとした観光気分を楽しむことができる。ある意味ガイドブック的な役割もミッションには担わせることができるということだ。詳細表示で作成者の解説や、実際にミッションをプレイしたユーザーの平均クリア時間などが表示できるので、どれを選ぶか参考になるはず。

で、お腹が空いた

ky_ingress098.jpg

 筆者はミッションを2つほどこなしたところで、残念ながら閉園の時間を迎えてしまった。ポータルもすべて周りきることができなかったので、後日リベンジしたいところ……なーんて考えながら新宿通りを歩いていると、一軒のお店が目に入ってきた。そこは「まいどおおきに食堂」という全国各地にフランチャイズ展開するお店。店舗名に地名と食堂を組み合わせており、今回訪れたところは「新宿1丁目食堂」という看板を掲げている。

ky_ingress099.jpgky_ingress100.jpg

 ここはセルフサービス方式の食堂となっており、並んでいる好きなおかずを選んで自由に定食を作ることができる。公式サイトによると常時60品目以上を用意しているといい、実際にお邪魔したお店にも魚からお肉、揚げ物、おでん、そしてスパゲッティのような一品料理まで実に豊富であった。そして注目なのが品目ごとにカロリーが表記されている点。健康のためにしっかりカロリー計算している人にとってメニューの選択がしやすくなる嬉しい配慮だ。ちなみに新宿御苑は一周約3.5kmほどなので、自ずと必要な運動量が割り出せそう?

ky_ingress101.jpg

 ご飯と豚汁(味噌汁も選べる)を受け取り席へ。ごはんは大中小から選べるが、小で普通盛りくらいの量があった。そして筆者が選んだおかずは「ぶりの照り焼き」と「すき焼き」である。栄養バランスも彩りもない組み合わせだが、食べたいものを直感で選んだらこうなってしまった。ちなみにラップがかけられたおかずは中央に備え付けられた業務用レンジで温めて食べる。このセルフサービスな感じがとても新鮮で不思議な気持ちになってしまう。

ky_ingress102.jpg

 ぶりの照り焼きはしっかりとした身と、とろみのある甘いタレが絡み合って旨みが舌を刺激。ご飯がこれでもかというくらい進む。しょうゆと砂糖(おそらくみりんも)を組み合わせた照り焼きタレは間違いないと確信。おいしい……。

ky_ingress103.jpg

 こちらはすき焼き。具はお肉、糸こん、玉ねぎ、豆腐で、しょっぱすぎることなく安心する優しい味。お肉がたっぷり入っており、食べごたえがあって満足できる。

ky_ingress104.jpgky_ingress105.jpg (左)店内はこんな感じ(右)自由に飲めるコーヒーのサービスも

 ここは絶品料理のお店というわけではなく、おいしい定番おかずを自由に、そしてリーズナブルに楽しめる街の食堂という感じだ。本連載ではあまりチェーン店は取り上げないようにしているのだが、今回のお店は学食や社員食堂のようなコンセプトが面白く、周りに「ちょっと行ってみなよ」とオススメしたり、会社の近くにあったら通ってしまいたくなるような魅力があるお店だった。

次はどこへ行こう

 Ingressは基本的にソロプレイで活動することが多いので、一人で入りやすいお店というのも実は重要な気がしている今日この頃。次回は恵比寿に出没予定だ。またおいしいものが食べれたらいいな……カロリーは気にしなくても大丈夫、だって歩いてるし!

(次回へ続く……)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.