連載
» 2015年03月07日 00時15分 UPDATE

消費カロリー台無し企画:Ingressメシ【第8回】NYでIngress! ついでに来年日本上陸する人気ハンバーガー店「Shake Shack」も調査してきた

歩き回ったらお腹が空く。ダイエット? 知らんがな! うまいもん食べたい!

[山口恵祐,ITmedia]
ky_ingress126.jpg

 本連載Ingressメシは、「Ingressでやせる!」などという無茶なことは言わずに、ゲームを楽しみがてらポータル付近のおいしそうなものを思うさま喰らって、「せっかく歩き回って消費したカロリーを台無しにして帰ってくる」ことを目的とするものである――。

 第8回の今回は、はるばる海を超えてアメリカ・ニューヨークにやってきた。日本を発つ前に「せっかくの海外だし、スマホの画面ばかり見ているなんてもったいないからIngressはプレイしないぞ!」と心に誓ったのだが、未踏の地ゆえに初訪問ポータルの宝庫を前にしたら我慢ならずばっちりプレイしてしまった……。

網目上のマップにポータルが

ky_ingress127.jpgky_ingress128.jpg タイムズスクエア周辺

 筆者が滞在したニューヨーク・マンハッタンは、碁盤の目のように道路が整備されており大変分かりやすい街並みとなっている。あの有名な交差点であるタイムズスクエア周辺ともなると、さすがにポータルは密集しているはず……と思ったのだが意外とそうでもない。Intel Map(ブラウザ上でIngressのマップを確認できる公式サイト)では縮尺の関係でポータルが多く存在するように見えるが、実際は結構距離があって東京都内に比べると全体的に密度が低く感じられる。滞在時間が限られる旅行中だと徒歩ではしんどいかもしれない。

ky_ingress129.jpgky_ingress130.jpg (左)全然歩けるけど……寒い!(右)ポータルの匂いがする……! 米国はとにかく「SNSでシェアしてね!」という広告が目立つ

 ポータルはどこも低レベルで育っておらず、ついにレベル8のポータルは滞在中1つも見かけることはなかった。これは日本の繁華街と似たような状況だが、それよりも(どちらの陣営にも属していない)白ポータルがかなり目についたのが印象深い。しばらく放置されているようなところも多く、日本だったら速攻でプレイヤーが飛んでくるのになぁと思ってしまった。ともあれここはありがたく筆者が緑陣営に塗り替えて実績の足しにさせてもらった。

バスで効率よくポータルを周る

ky_ingress131.jpgky_ingress132.jpg (左)NYを走る路線バス(右)空港までのシャトルバス内でもIngressを楽しんだ

 ニューヨークでポータルを効率よく周るならバスがオススメだ。特にマンハッタンは道路を東西南北一直線上に運行していることがほとんどなので、動きが分かりやすくて乗りやすい。どの区間まで乗っても1回2.5ドルで、筆者は30ドルで7日間地下鉄とバスが乗り放題になるメトロカードのアンリミテッド券を購入したので好きなだけ乗り回すことができて便利だった。交通渋滞に巻き込まれる時間帯を避ければ、ストリートのポータルを一気にハックできるのは大変気持ちが良い。

で、お腹が空いた

ky_ingress133.jpg

 今回、Ingressをプレイしたのは短時間だったが、ニューヨークの気温は連日氷点下で寒さが身体に染みわたる。お腹も空いてきたし夕食を取ろうということでやってきたのが、日本にも出店が予定され話題になっている大人気のハンバーガーショップ「Shake Shack(シェイクシャック)」だ。訪れたのはタイムズスクエアからも近い中心地のシアターディストリクト店で、夜にもかかわらず店の外まで行列ができていた。ニューヨーカーの間でも注目度の高さが伺える。

ky_ingress134.jpgky_ingress135.jpg (左)店内から調理スペースがすべて見渡せる(右)注文を終えたらアラームで呼び出されるシステムだ

 Shake Shackのメニューはハンバーガーからホットドッグ、ビール、ワイン、店舗によっては犬用メニューまで多岐に渡るのだが、今回はベーシックなハンバーガーとポテトフライ、そして人気のシェイクを頼んでみた。

ky_ingress136.jpg

 こちらはメニュートップにある看板メニュー「ShackBurger」だ。パテにチーズとレタス、トマト、オリジナルソースが載ったシンプルなチーズバーガーで、一口かぶりついてみると、じわっと溢れる肉汁のおかげで100%ビーフ肉のうま味がここぞとばかりに口に広がってくる。……うまい! もちろんレタスとトマト、チーズもうまさに一役買っているのだが、とにかくお肉のおいしさが味わえるバーガーだと感じた。これはリピートしたくなる。このバーガーは東京店でも食べられると予告されているので楽しみである。

ky_ingress137.jpg 写真はリピートして後日食べたもの

 日本のファストフードではあまりなじみのないクリンクルカットタイプのポテトフライは、かけ放題のケチャップやマヨネーズによく絡み、サクサクでボリュームがある。Shake Shackはセットメニューが存在せず、自分が食べたい単品を注文していくスタイル。ポテトのサイズは1種類のみで迷いがなく、分かりやすくて非常に好感が持てた。

ky_ingress138.jpg

 こちらは「SmokeShack」と呼ばれる、パテにチーズ、ベーコンとチェリーペッパー、オリジナルソースが載ったスパイシーなチーズバーガー。こちらは香ばしいベーコンとピリ辛の唐辛子が主張してきて肉を引き立てる。

ky_ingress141.jpg

 こちらもおいしくてあっという間にたいらげてしまった。ちなみにバーガーは通常のシングルと、パテとチーズが2倍のダブルから選ぶことができる。バーガー自体はアメリカらしくない小ぶりなので、ダブルを選んでも十分食べきれそうだ。

ky_ingress139.jpg (左)キャラメル(右)ストロベリー

 そして最後に、筆者がとても気に入ったのがシェイクだ。バニラ、チョコレート、キャラメル、ブラック&ホワイト(チョコバニラ)、ストロベリー、ピーナッツバター、コーヒーといったフレーバーが用意されているのだが、筆者が飲んだキャラメルが非常に濃厚でクリーミィ。高級なシェイク専門店で飲んでいるかのようなおいしさを感じた。悪く言えば少々甘ったるいのだが、しょっぱいポテトと一緒に飲む組み合わせは至福のひととき。東京店でも飲めるのかは不明だが、なんとしても準備してほしいところ。ちなみに店内には自由に飲める水が用意されているのも気が利いている。

ky_ingress140.jpg JFK空港内にも出店されている

 NY滞在中、1週間で3回も通ってしまうほどリピートしたくなるおいしさで、東京出店が断然楽しみになってしまった。絶対に食べにいきたい。

Shake Shack(シェイクシャック)

691 8th Ave ニューヨーク, NY 10036 アメリカ合衆国 営業時間 11:00〜0:00 定休日なし

2016年に東京へ出店予定、2020年までに10店舗まで拡大


次はどこへ行こう

 NYに来てまでIngress……ではなくNYに来たからこそIngressなのだ。Ingressの世界を通して街を見ると、遠く離れた海外でもなぜか親近感が湧いてくる不思議な感覚を覚えた。それに余計に歩けば食事もおいしくなること間違いなし。カロリーは気にしなくても大丈夫、だって歩いてるし!

(次回へ続く……)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.