コラム
» 2015年03月09日 06時00分 UPDATE

昼寝で業務効率アップ! 国も認める6つのオススメの昼寝方法

厚生労働省もオススメしている「昼寝」。効率が上がる昼寝の仕方6つを紹介します。

[いしゃまち]
いしゃまち
昼寝で業務効率アップ! 国も認める6つのオススメの昼寝方法

 チェルノブイリ、スリーマイルの原発事故、スペースシャトルチャレンジャーの爆発事故など、大事故の原因の一つは睡眠不足だと言われています。「睡眠障害の経済的評価(2007 内山真)」によると、年間3兆5000億円もの経済損失が、睡眠不足によって起こっていると指摘されています。

 そうは言われても、お昼食べた後なんかは、特にウトウトと眠たくなりますよね。本稿では、導入している企業が増えてきたと言われる「昼寝」に焦点を絞り、オススメの昼寝の方法を紹介します。

厚生労働省オススメの昼寝

 厚生労働省は、2014年に「健康づくりのための睡眠指針2014」を発表しました。その中に「午後の短い昼寝で眠気をやり過ごし能率改善」と記載されています。昼寝は国のお墨付きですね。ただし、必要以上に長く寝過ぎると、目覚めの悪さが出るため、30分以内の仮眠が望ましいと推奨されています。

6つのオススメ昼寝方法

1. 昼寝の時間は15分〜20分

ts_hirune01.jpg

 人は睡眠に入ると、時間とともに深い眠りに落ちます。20分以上寝ると、起きたあとに元に戻るのに時間がかかってしまいます。

2. 昼寝の時間は、午後2時〜3時くらいの間

ts_hirune02.jpg

 体内時計で、眠気が高まるのは、午前2時〜4時、午後2時〜4時といわれています。時間別にみた居眠り運転による事故発生率もこの時間と一致するのです。昼寝をするのは、この午後2時〜4時くらいがベスト。それ以降になると、夜の睡眠に影響が出てしまいます。

3. 昼寝の習慣化

ts_hirune03.jpg

 昼寝が習慣化されると、スムーズに寝られて、起きた後もスッキリ。夜寝る時間を習慣化するのが大切なのと同じ、昼寝の時間も同じに習慣化するのが良いですね。

4. 昼寝はイスに座る

ts_hirune04.jpg

 ソファなどに横たわると、血圧が下がりすぎて、起きた後にぼんやりしてしまいます。横になってグッスリ眠りたい気持ちは抑えて、できるだけイスに座って眠りましょう。

5. 昼寝前にコーヒー

ts_hirune05.jpg

 コーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用は、飲んだ後20分〜30分後に出てきます。これがちょうど昼寝の時間とピッタリ。眠る前に温かいコーヒーを飲んで、体を温めて寝ましょう。寝起きスッキリです。

6. 目覚めは明るい光を浴びる

ts_hirune06.jpg

 目覚めには、太陽の光がベスト。起きた後に明るい光を浴びると、脳の覚醒を促進するセロトニンが活性化し、目覚めが良くなります。

まとめ

 海外では、パワーナップ(コーネル大学の社会心理学者のジェームス・マースが提唱)と呼ばれる、15分〜30分程度の短い仮眠をとることで、自動車運転する際の疲労軽減を推奨している例があります。日本では、堂々と昼寝しづらい職場環境がまだまだ多いですが、国のお墨付きの「昼寝」を効果的に取り入れて、業務効率アップを目指したいですね。

<参考文献>

「8時間睡眠のウソ」国立精神・神経医療研究センター部長 三島和夫 日経BP社

「いしゃまち」のコンセプト

ishamachi_logo.jpg

いしゃまち は、「大切な人の健康を守りたい」というコンセプトから生れた健康医療情報メディアです。愛する人、大切な家族の ちょっと気になるカラダとココロの悩みを解決したい。「大切な人」が健康で、幸せ に生きていくために役立つ情報を伝えたい。そんな想いが込められた「場」、それが いしゃまちです。21世紀の家庭の医学情報メディアを目指しています。

http://www.ishamachi.com/


関連キーワード

睡眠 | 仮眠 | 健康 | 習慣 | コーヒー | | 原因 | 疲労 | ランチ


Copyright © 2016 Mediwill All rights reserved.