連載
» 2015年03月12日 06時00分 UPDATE

妄想ウェアラブルの午後:排泄予知ウェアラブル「D Free」――恥じらいと引き換えに、人々は何を手に入れるのか

“排泄予知ウェアラブル”として先日発表され、Web上で話題を呼んだ「D Free」。“Wi-Fiルーター”にも見えるスタイリッシュなデザインが特徴だが、その正体とは――。

[濱口翔太郎,ITmedia]
排便予知ウェアラブル「D Free」

連載:「妄想ウェアラブルの午後」とは

近年急速に普及し始めたウェアラブルデバイス。腕時計型やメガネ型などさまざまな種類が登場してきているが、それらが「人々の生活をどう変えるか」についてはまだまだ議論の余地が残されている。本連載では、製品のスペックや機能比較にとらわれず、ウェアラブルの正しい(?)未来を「妄想」することに全力を注ぐ。


 D Freeは、ベンチャー企業「トリプル・ダブリュー・ジャパン」が専門家の協力を得て開発中のウェアラブルデバイスだ。特徴は、腹部に装着すると超音波で腸内の動きを分析し、「あと10分です」といったように排便までの時間をスマホ経由で知らせてくれること。

 “D Free”とは、“Diaper Free”、すなわち“おむつからの解放”を意味しているという。5月を目途にクラウドファンディングサイトで予約を開始し、出荷は12月を予定している。現在はFacebookページ(こちら)などで製品に関する情報発信や意見交換などの交流を行っている。

 今後D Freeが実用化されれば、病院や介護施設はもちろんのこと、一般家庭でも便利に使えるだろう。予期しないタイミングでの排泄リスクを避けられることで、恩恵を受ける人の数は計り知れない。将来的に赤ちゃんやペットなど、言葉での意思疎通が難しい相手にも対応することができれば、用途はさらに広がると考えられる。

ts_dfree02.jpg スマホで排泄までの残り時間を確認

 本記事ではさらに一歩進んで、D Freeが社会に広く普及した近未来を妄想してみよう。

「トイレ休憩」を巡る情報戦

 D Freeを着ければ、デート中も安心だ。万が一のときも、D Freeがトイレに行くべき時間を知らせてくれる。余計な心配をせず、おいしい料理を食べてゆっくりと会話を楽しむことで、恋人との仲が深まるかもしれない。

 ビジネスの世界ではどうだろうか。「これから大事なプレゼンがあるのに、急におなかが……」そんなリスクを回避できるのはやはり心強い。一方で、「集中力が落ちてきたから、トイレでしばらくリフレッシュしてこよう」という、現在では当然のように行われていることが、もしかするとやりづらくなってしまうかもしれない。

 ランチをともにした上司のスマホには、あなたが食べたメニューの消化時間が表示されているのだ。そして、「待ちたまえ。君のトイレット・ブレークはまだのはずだが?」とチクっと指摘され、席に戻される――なんてことにもなりかねない。仕方ないのでこちらも上司のトイレタイムをチェックし、彼が席を外している最中に別の場所で休憩する、といった高度な情報戦が繰り広げられるのである。

トイレ待ちの“長い行列”も心配なし?

 ライブイベントやスポーツ観戦の会場はどう変わるだろう。現在では、休憩時間中はトイレ前に長蛇の列ができるのが一般的。一度並ぶとなかなか順番が回ってこないため、苦い経験をもつ方も多いだろう。もし、並んでいるときに我慢の限界に達したら――。そんなときは時間の進み方が通常の10倍くらいの長さに感じられるものだ。

 近未来では、その心配はなさそうだ。トイレに並んでいる人は、専用のバンドを使ってスマホを腕に装着し、自らの“残り時間”を周りに公開する。もし、自分よりも余裕がない人が後ろに並んだときには、そっと順番を代わってあげよう。もし我慢の限界が近づけば、ボタンひとつで係員が飛んでくる。そして「あと30秒、緊急事態です! 道を空けてください!」と、列の一番前まで誘導してくれるのだ。

 こうすれば、自然と譲り合いの精神が生まれる。たまに見かける“順番抜かし”によるトラブルも少なくなるだろう。D Freeのおかげで、世界から争いごとが減っていく――今日もどこかの家庭で、どこかのオフィスで、どこかのイベントホールで起こっているはずの小さな、しかし当人たちにとってはこの上なく重大な争いごとが。

恥じらいと引き換えに得るもの

 最近続々と発売され、ブームになりつつあるウェアラブルデバイスは、“自らを高める”ことを目的とするものがほとんどだ。スポーツ時に身に着け、心拍数を測る。もしくは、消費カロリーを測る。こういった機能は、理想的な体型を手に入れるためや、運動能力を向上させるために存在する。日常的にスポーツをしない人々は、今のところこれらのデバイスを手に取る理由を見つけづらいかもしれない。

 その一方で、D Freeは肩肘張らず、気楽に身に着けることができる。普段は恥ずかしくて口に出せない話もちょっとオープンになり、ときとしてクスッと笑える。おまけに譲り合いの精神が定着し、争いも減るときている。このデバイスが定着した未来はきっと、穏やかな幸せに包まれているだろう。

 だが、“何かを得るためには、何かを失わねばならない”のは世の常だ。未来の人々は幸せを手に入れる代わりに、ほんの少しの恥じらいを捨てる必要があるのかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.