連載
» 2015年03月14日 00時15分 UPDATE

消費カロリー台無し企画:Ingressメシ【第9回】海外遠征第2弾! ニューヨーカーが行列するラーメン屋「Totto Ramen」の実力を知る

歩き回ったらお腹が空く。ダイエット? 知らんがな! うまいもん食べたい!

[山口恵祐,ITmedia]
ky_ingress141.jpg

 本連載Ingressメシは、「Ingressでやせる!」などという無茶なことは言わずに、ゲームを楽しみがてらポータル付近のおいしそうなものを思うさま喰らって、「せっかく歩き回って消費したカロリーを台無しにして帰ってくる」ことを目的とするものである――。

 第9回の今回は、前回に引き続きアメリカ・ニューヨークでのIngressプレイ模様をお届けする。観光に徹するはずが、スキャナーを開いて街を歩くのがすっかり板についてきた。あれ?

博物館はポータルの宝庫

ky_ingress142.jpg

 本日やってきたのは、アッパー・ウエスト・サイドに位置するアメリカ自然史博物館。映画「ナイトミュージアム」の舞台にもなった場所なのでご存知の方も多いかもしれない。生態系から宇宙の歴史まで、大迫力の展示は必見。中心街に近くアクセスも良いのでニューヨークにきたらぜひ訪れておきたい場所だ。

ky_ingress143.jpgky_ingress144.jpg 巨大な模型の展示には思わず圧倒される
ky_ingress145.jpgky_ingress146.jpg

 そしてここはIngressのポータル密集地帯でもあるのだ(!)。屋内なのでGPSはアバウトになってしまうが、ポータルが常に4〜5つ圏内で、館内からハックし放題。展示を楽しみつつ、Ingressも楽しめる。エージェントなら一石二鳥のなんともおいしい場所だった。

一周約10kmの広大な公園が目の前に

ky_ingress147.jpgky_ingress148.jpg

 そしてアメリカ自然史博物館の目の前に広がるのがセントラルパークだ。ニューヨークのど真ん中に立地する広大なオアシスも、この時期は見事な雪景色。スキャナーを開いてみると、遊歩道に沿ってポータルがポツポツと存在しているのがわかる。しかも白ポータルもあるではないか! 「ここはじっくり周回しつつ、ミッションでもこなしておきたい!」と思ったのだが、時間的余裕がなく泣く泣く断念。非常に無念である……。

ky_ingress149.jpgky_ingress150.jpg (左)エージェントにはポータルにしか見えません(右)やっぱりポータルだったー!

で、お腹が空いた

 この日、ホテルに帰ってきたのは夜20時過ぎ。「今日の夕食は何にしようか……」と考えていると、ふとニューヨークで去年あたりから空前のラーメンブームが巻き起こってるらしいことを思い出す。日本でもおなじみの「一風堂」をはじめとする人気店が相次いでNYに出店し、中には何時間も並ぶこともあるんだとか。異国の地でどんなラーメンが食べられるのか非常に気になるし、そろそろラーメン欲も我慢できなくなってきた。というわけで今夜はラーメンに決定。テキトーにFoursquareアプリで近くの人気店を探し、見つけたのが「Totto Ramen」だ。

ky_ingress151.jpg

 Totto Ramenは、「Yakitori Totto」という焼き鳥屋のサイドメニューだったラーメンがあまりにも人気なため、ラーメン店として出店したのが元なんだとか。滞在しているホテルのすぐ近くだったので徒歩で向かってみると、赤い建物そして店頭に並んでいる人影が見えてきた。

ky_ingress152.jpg

 名前を書いてしばらく待っていると、15分ほどで席につくことができた。もう少し並ぶと覚悟していたので拍子抜けだ。店内は狭いが、風景は日本のラーメン屋そのもの。なんだか妙にリラックスできる。ちなみにスタッフは全員日本人。メニューも英語と日本語が併記されており、オーダーも日本語でオッケーだ。

ky_ingress153.jpg みよ、この破壊力

 最初にやってきたのはサイドメニューの「炙りチャーシューマヨ丼」だ。もはやメニュー名からしておいしそうな感じがプンプン匂うこの感じ。さっそく厚みのあるチャーシューをご飯と一緒に頬張ってみると、肉の香ばしさと脂身のまろやかさ、そしてそれらを包み込むマヨネーズが想像通りの味を口の中に広がらせ思わずニンマリ。「やっぱり肉とご飯の組み合わせは最高だな」ということを再認識。そしてマヨネーズがなんとも背徳的な旨さ。ニューヨークでおいしいご飯を食べられただけで既に満足度は高いが、続いて出てくるラーメンにも期待が膨らんでしまう。

ky_ingress154.jpg

 続いて、鳥人丸湯ラーメン(Paitan Ramen)がやってきた。鶏ガラの透明なスープなので一見あっさり目かと思いきや、スープを一口飲んでみるとかなり濃厚な味に驚かされる。まるでとんこつラーメンのような、いかにも外国人が好きそうな濃いめのスープに仕上がっているのだ。ご飯が進むスープというやつだ。

ky_ingress155.jpg

 麺は細麺で、癖もなく日本のラーメン屋さんと遜色ない。筆者はいくらスープがおいしくても麺がイマイチだと萎えてしまうタイプなのだが、とても満足することができた。「そりゃニューヨーカーもハマるよなぁ」となんだか納得しながらずるずる食べたのを覚えている。

 トッピングの半熟たまごが冷たくてびっくりしたが、スープに浸けて食べれば問題はない。なによりニューヨークでこんなにおいしいラーメンが食べられたという満足感が非常に高く、こうなると他のラーメン屋も気になってしまうところ。「せっかく海外に来たのに日本食を食べるのはどうなんだ」というのもあるが、あえて異国の地で自国の文化に触れてみるのも面白いと感じた。

ky_ingress156.jpg レシートもユニークで面白い

Totto Ramen

366 W 52nd St ニューヨーク, NY 10019 アメリカ合衆国

営業時間(月〜土)12:00〜16:30 17:30〜00:00(日)16:00〜23:00

現金払いのみ


次はどこへ行こう

 2回に渡ってNYでのIngressプレイをお届けしたが、旅行中だと時間も限られてくるので積極的にCFを構築したりするよりも、ひたすら色々な場所を周ってユニークポータルを稼ぐというのが楽しい動きになりそうだと感じた。ガイドブックには載っていない発見もあったりして、旅行とIngressの相性はかなり良い。ただ、今回の炙りチャーシューマヨ丼はカロリーやばいだろうなぁ……。でも気にしなくても大丈夫、だって歩いてるし!

(次回へ続く……)

関連キーワード

ラーメン | Ingress | ポータル | アメリカ | 旅行 | 英語


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう