ニュース
» 2015年03月20日 06時00分 UPDATE

ダイエットに最適なヨーグルトの食べ方とその効果

誰でも手軽に始められるヨーグルトダイエット。効果の高い食べ方をご紹介します。

[ITmedia]

 ヨーグルトダイエットは、ヨーグルトを食べることでお腹を満たし、食事の量を減らす方法です。しかし実際にダイエット効果を得るためには、ちょっとしたコツがあります。

ダイエットに最適なヨーグルトの食べ方とその効果

ヨーグルトの食べ方

 ヨーグルトで効果的にやせるためのポイントは、ホットヨーグルトにして食前に食べることです。作り方は、ヨーグルトを皿に乗せ、ラップをかけずにそのまま600ワットの電子レンジで40秒〜1分間温めるだけ。量としては、100〜200グラムが適切です。

 ヨーグルトは乳酸菌を多く含み、食べることで腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。このことにより、便秘が解消されてやせやすくなります。また、食前に食べることで食事自体の量も減ることが期待できます。

 温めて食べるのをおすすめする理由は、冷たいままだと内蔵を冷やし、腸内環境正常化の働きを弱めてしまうから。また、体内に脂肪を蓄える副甲状腺ホルモンの働きを抑えるカルシウムの吸収が悪くなり、脂肪が蓄積しやすくなってしまうのです。ヨーグルトを温かくして食べれば、逆に腸の働きを活発化させ、カルシウムの吸収率を上げて脂肪の蓄積を抑えることができます。

より効果を高めるための工夫

 ヨーグルトはプレーンなまま食べるのももちろん良いですが、はちみつなどで甘みを加えたいという方もいることでしょう。そんなときにおすすめしたいのがオリゴ糖。そのまま腸に届き、ビフィズス菌の餌となってその数を増してくれます。低カロリーですが、しっかりした甘みがあります。

 ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、風邪やインフルエンザから体を守るNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化する働きがあります。そのため、全身の免疫作用を高めてくれる働きも期待できるのです。

乳酸菌とビフィズス菌

 ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、さまざまな種類があります。ヨーグルトダイエットにおいても、乳酸菌の種類を吟味することで高い効果を得られるでしょう。具体的には次のような種類が挙げられます。

  • 腸内でビフィズス菌を増やし免疫力を上げる「シロタ株
  • 整腸作用や花粉症、アトピー性皮膚炎に効果が期待される「L-92乳酸菌
  • ピロリ菌やウェルシュ菌を減らす効果が確認されている「LC1乳酸菌
  • アトピーなどに有効な「L-55乳酸菌
  • 腸までしっかり届き、整腸作用のほかコレステロールを下げ、皮下脂肪を減らす効果がある「ガセリ菌

 ヨーグルトダイエットでおすすめなのは、乳酸菌の中でも皮下脂肪を減らす効果があるガセリ菌ビフィズス菌が入ったものです。この2つは胃酸に強く腸へしっかり届くだけでなく、熱にも比較的強い特徴を持ちます。そのため、長時間の加熱はいけませんが、ホットヨーグルトにする程度なら問題はありません。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事