連載
» 2015年03月21日 00時15分 UPDATE

消費カロリー台なし企画:Ingressメシ【第10回】Ingressで感じる変化! 自由が丘の「爆香房」

歩き回ったらお腹が空く。ダイエット? 知らんがな! うまいもん食べたい!

[山口恵祐,ITmedia]
ky_ingress157.jpg

 本連載Ingressメシは、「Ingressでやせる!」などという無茶なことは言わずに、ゲームを楽しみがてらポータル付近のおいしそうなものを思うさま喰らって、「せっかく歩き回って消費したカロリーを台なしにして帰ってくる」ことを目的とするものである――。

ky_ingress158.jpg

 前回までにお送りしたNY編から日本に舞い戻り、第10回目となる今回訪れた場所は東急東横線と大井町線が乗り入れる、自由が丘駅周辺だ。「スイーツの街」なんて言われたり、おしゃれな感じ漂うスポットだが実を言うとココはIngressで有名……ではない。

ky_ingress159.jpg ポータルのレベルも低く、ファームとは言えない

 駅周辺をIntel Mapで見ても、ポータルが少ないわけではないが特に密集しているわけでもない。過去の本連載では激戦区(=攻撃が激しくポータルの陣営がコロコロ変わっている場所)や、ファーム(=高レベルポータルが密集しており、アイテム補給に最適な場所)を多く訪れてきたが、Ingressは別にそのような場所に行かなくても十分楽しめるゲームということをふと思い出したのだ。

Ingressを始めて変化したこと

 少し話が逸れるが、筆者が以前通学定期を買ったとき、「この定期で乗り降りできる駅の街を(土地勘的な意味で)すべて制覇してやろう」と思ったことがある。でも実行に移すことはなかった。自身がめんどくさがりの上に、その駅で降りる「キッカケ」がなかったからだ。

 今ではどうだろう、さすがに定期券内制覇はまだ達成できていないが、自宅最寄りの数駅手前で下りて歩いて帰るのは日常茶飯事、目的地に到着する前に寄り道をしたり、だいぶ遠回りをしたり……Ingressをキッカケにだいぶ行動パターンが変化した。すぐ飽きてしまったヘルスケア系ウェアラブルガジェットも再度着けるようになり、歩数や消費カロリーが気になるようになった。Ingressが盛り上がる前はまさか自分がこんなことになるとは思わなかった。

ky_ingress160.jpgky_ingress161.jpg

 ――と、そんなことを考えながらポータルをハックしつつ自由が丘の街を歩いていると、いつのまにか「Exploreメダル」がゴールドになっていた。これは新規訪問ポータルの数を表す実績メダルで、毎回筆者がユニークポータル云々と言っていたもの。現在までに2000カ所ものポータルを周ってきたかと思うとなかなかに感慨深いものがある。このメダルのおかげでまだ訪れたことのない場所に積極的に行くようになった。

 ほかにもIngressには歩いた距離を示すものや、クリアしたミッション数といった実績メダルが数多く用意されている。今まで活動してきたデータが一目瞭然、数字を出されてしまうと増やしたくなってしまうのが人間の性だったりするのか、色んなところを歩き回ってしまう。そんなキッカケを与えてくれるのがIngressだったりするのだ。

で、お腹が空いた

ky_ingress162.jpgky_ingress163.jpg

 自由が丘でディナーの場所に選んだのは、中華料理の「爆香房」だ。過去のIngressメシを見返していて、そういえば中華を食べていないことに気づいたのがここを選んだキッカケだったりする。店内は地下一階にもかかわらず天井が高いユニークな造り。照明もムーディーな感じでお洒落な店内。家族や友人と食べにくるのにいい雰囲気だ。

ky_ingress164.jpg

 さっそく今回食べたものをご紹介していこう。こちらは前菜で一番人気があるという「よだれ鶏」。山椒と辛子が効いたタレは思ったよりもマイルドで、そこまで辛くない。鶏肉はとても柔らかく、口の中で噛むたびに旨味が広がる。ピータンが付いてくるのもちょっぴりうれしい。

ky_ingress165.jpg

熱い鉄鍋に目の前で乗せてもらい、ジュワと熱せられる姿を魅せつけてくるのが、定番の「エビチリ」だ。甘みの後にピリッとくるチリソースに臭みのまったくないエビ。おいしい。おこげでチリソースを余すことなく堪能できる。

ky_ingress166.jpg

 続いて小さな蒸籠(せいろ)が可愛らしい、「小籠包」がやってきた。つやつやの皮が美しい。

ky_ingress167.jpg

 レンゲに乗せて箸で皮を開けてみると、スープがこれでもかと溢れてくるので、急いで口に運んでみる。シンプルな餡とスープ、そしてモチモチの皮。スープはあっさり目なのでいくらでも食べれそうだ。

ky_ingress168.jpg

 一番楽しみにしていた「麻婆豆腐」。なんとも食欲をそそる良い色合いなことか。一口食べてみると、想像するよりマイルドで、かなり食べやすい。中華料理屋にありがちな、山椒が前にどんどん来る感じではない。個人的にはもっとスパイシーでもいいかもしれない。

ky_ingress169.jpg

 最後に「あんかけかた焼きそば」の登場。これもエビチリ同様に、客の目の前で石焼にセットされた麺にあんをかけてジュージュー言わせてくれるので、提供直後に食欲を最高に高まる。あんに絡んだ野菜と所々おこげのある麺がおいしくて、ずるずるいってしまう。このお店に来たらぜひ食べて欲しい。

 このお店、火鍋もオススメとのことだが、今回はお邪魔した時間が遅く食べることができなかった。筆者は素を買ってきて自宅でやるくらい火鍋が大好物なので、また機会があればぜひ来訪したいところ。

爆香房

世田谷区奥沢6-33-14 第二シーランドビルB1

営業時間 ランチ(月・水〜日)11:30〜15:00

     ディナー(月・水〜土)17:30〜23:00(日・祝日)17:30〜22:00

定休日・火曜


次はどこへ行こう

 敵ポータルを攻撃して自陣営にものにし、リンクをつないでいく。敵の妨害を受けつつも苦労してCFを構築、家に帰ってきて寝ていたら敵の攻撃通知で飛び起き、即座に防御態勢に入る……。Ingressの醍醐味、面白さはこんな中二病のような出来事が世界規模で繰り広げられるところ。でもまったりポータルを巡ったり、おいしいお店を巡るのも良いものだ。カロリーは気にしなくても大丈夫、だって歩いてるし!

(次回へ続く……)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう