連載
» 2015年03月27日 06時00分 UPDATE

身体を張って検証しました:こんにゃく麺にシリアル! ネットで買ったダイエット食品でやせろ!

店頭では限られた数のダイエット食品も、ネットで探せばよりどりみどり。種類も豊富で、主食からおかずになる食品まで、価格も量も自由自在。まあ買ってみたら「アレ?」という商品もあるけれど……そんな人柱生活に最大の敵「多忙」が。

[小林誠,ITmedia]

 「人柱」となった筆者が毎週さまざまなダイエットを試す本連載。だがあまりにも失敗続きで、まったく効果が見えない。そこでネット食品にこだわってみることにした。どうしてもリアル店舗では欲しいダイエット食品が見つからない、買っても物足りないが、ネットなら選び放題だ。実際、今回はとある商品にハマり結構な量のダイエット食品を食べたのだが、それ以上に生活のリズムが崩れ、酷い食事が続いてしまった。ダイエット食の道もまた険しい……。

ts_diet01.jpg カレーにご飯にシリアルと、見た目はそれなりに満足できそうなダイエット食品

Amazonで購入したダイエット食品 1食あたり443円と安い!

 やはりネットは素晴らしい。近所のドラッグストアやスーパーにはなかなか置いていないダイエット食品が容易に見つかる。しかもAmazonで購入したこれらの商品は、在庫もあったらしく翌日、翌々日という短期間にあっさり届いた。

 今回購入したダイエット食品は以下の通り。

ドラッグストアのダイエット食品
メーカー 商品名 価格(税込) カロリー(内容すべて)
ハウス カロリー美食亭80 トマトのうまみ溶け込む5種野菜の具だくさんカレー 180g×4個 928円 320kcal
JA松任 ごはんとマンナンヒカリ(3食)450g 492円 423kcal
リブレフラワー 玄米生活ブラウン 500g 1242円 1950kcal
日清シスコ Amazon.co.jp限定 砂糖不使用フルーツグラノーラ 600g 500円 2580kcal
ナカキ食品 こんにゃくソース焼きそば6食セット 1180円 246kcal
総計 5種類(15品) 4342円 5519kcal
実質 4種類(14品) 3100円 3569kcal

 1食80kcalのレトルトカレーに、こんにゃく入りレトルトご飯、砂糖を使わないシリアルに、飲み物やスープに少し混ぜるだけで簡単に玄米食が可能な粉末、そして焼きそば風こんにゃく麺。

 見た目は主食の役割を十分果たせそうな商品だ。ただ結論から書くと、あまりにもこの1週間筆者が多忙だったため、外で食事を摂ることが多く、ダイエット食は期待した効果を発揮しなかった。とくに玄米の粉末である「玄米生活ブラウン」は一度も試すことなく終わってしまった。

 従って、表の金額は全部で5種類(15品)4342円/5519kcalとなるが、実際は4種類(14品)3100円/3569kcalを試しただけにとどまった。

 1週間、1日1食をこれらのダイエット食品とすると、1日あたり約443円、約510kcalとなり、ワンコインで済むうえ、減量に効果がありそうな低カロリーの数字だ。

 だがほかの食事があまりにも雑で、結局後述するように太ってしまっている。

食べごたえのあったグラノーラ カレーライスもおいしいぞ!

 それでもそれぞれのダイエット食品を試すのは大変楽しかった。それぞれの詳しいレビューを書いていこう。

ts_diet02.jpg 「5種野菜の具だくさんカレー」は4セットだが、1食2セット使用。そもそも筆者は通常のレトルトカレーの量の少なさに不満なのだ。それでも160kcal。トマトのせいかカレーにしては甘酸っぱい印象。野菜ではとくにレンコンの存在感が大きい
ts_diet03.jpg 具だくさんカレー2セットと「ごはんとマンナンヒカリ」2食分を合わせると、立派なカレーライスに。マンナンヒカリもこんにゃく加工にしては「ご飯」の感じが出ていておいしい。ただレトルトのご飯の量がやはり少なめ
ts_diet04.jpg 実は激ハマリのグラノーラ。フルーツ入りをうたっているが、むしろ邪魔。シリアルの香ばしさと歯ごたえがサクサクしており、とても食べごたえがあって好きだ。ただ牛乳と一緒に食べると筆者は腹を下してしまう。便秘気味の人には良いかも?
ts_diet05.jpg 焼きそば風こんにゃく麺は6食購入。こんにゃく麺とともに焼きそばの粉末ソース入り
ts_diet06.jpg フライパンで炒めて作ったこんにゃく麺の焼きそば。残念ながら「こんにゃく麺」の域を出ていない。パッケージからもっと焼きそばに近いと期待していたのだが……また量も少ない。そこで本家・焼きそばと混ぜて食べると◎。だがカロリーが高くなって意味がない……

また83キロへ 太った証? 穏やかな春の日差しに汗がじわじわ

 ダイエット食品でも「まともなものを食べている感じ」が強く、前回までのお菓子や雑炊ばかりのダイエット食とは、明らかに違い、見た目も「食事」で、個人的にはこのダイエット食は好きだ。

 しかし筆者の食生活があまりにも悪すぎた。とてもダイエットなど考えている余裕がない。外でよく食べるわ、運動不足に睡眠不足、ストレスが貯まるばかり。結局体重をチェックすると太ってしまった。

 一応、タニタの体重計「インナースキャン50 BC-313」を使い、体重以外の項目も計測し、1週間の変化を以下にまとめた。

  • 体重/82.00キロ→83.10キロ
  • BMI/28.9→29.3
  • 体脂肪率/24.8%→25.0%(いずれも軽肥満)
  • 筋肉量/58.45キロ→59.10キロ(いずれも多い)
  • 内臓脂肪/12.5レベル→13.0レベル(いずれもやや過剰)
  • 基礎代謝/1日1757kcal→1778kcal(標準)
  • 体内年齢/37歳→37歳(変わらず)

 概ね悪化している。筆者はもともと82キロくらいで、この連載をはじめてほぼ増えており、それが前回元に戻ったものの、今回は1.1キロ増加。暖かくなってきたせいか汗をかくこともかなり増えたが、周りの人と比べると明らかに筆者は異常。シャツがじわっと湿っている。

 そのほかの項目では筋肉と基礎代謝は増えたが、体脂肪、内臓脂肪が増えた。体内年齢は1週間で変化なしだが、実際は32歳なのでそもそも老けているという計測結果。

ts_diet07.jpgts_diet08.jpg (左)また増えた、とガックリくる83.1キロ。それでも1週間のうちには84キロに達したときもあり、まだマシ。(右)BMIはとにかく30を超えないように頑張りたい
ts_diet09.jpgts_diet10.jpg (左)内臓脂肪は12.5レベルと13レベルを行ったり来たり。(右)体内年齢も37歳と38歳ばかりで若返らない……

 はっきり言って忙しさにかまけてダイエットが挫折する、という感覚を味わった1週間だ。もちろん世の中には忙しくてもダイエットを続けられる人はいるし、忙しいからこそやせる、という人もいるだろうが、まあ筆者にとっては別世界の住人の話だ。忘れよう。

 幸いというか、このダイエットは仕事なのでこれからも続いていく。食事自体はまだまだ試したい商品があるので、きっと効果が出てくるはず、と信じてまた来週をお楽しみに。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事