レビュー
» 2015年04月08日 06時00分 UPDATE

ソニーのイヤフォン型ウェアラブルデバイス「Smart B-Trainer」は買い? ランナーの評価は

ランナー向けのイヤフォン一体型ウェアラブルデバイス「Smart B-Trainer」。実際の使い勝手や良い点・気になる点について、普段からランニングを趣味としているユーザーに語ってもらった。

[ITmedia]

 ソニーのイヤフォン一体型ウェアラブルデバイス「Smart B-Trainer」。ランナー向けの製品で、心拍数の測定や音楽の再生、ランニングデータの記録などができる。前回の記事では、基本的な機能や利用シーンについて簡単に解説した。

ソニー「Smart B-Trainer」 ソニー「Smart B-Trainer」

 続いて今回は、実際に普段からランニングを習慣としているユーザーにSmart B-Trainerを数日間使用してもらい、気付いた点などについて感想を伺った。話を聞かせてくれたのは、これまでにフルマラソンを5回完走し「ベストレコードは3時間24分」というKさん(男性、39歳)だ。

フィット感は良好 装着には少しコツがいる 

 ――普段はどれくらいのペースでランニングしていますか。

 週に3〜4回、1回につき10〜15キロほど走っています。先月はのべ200キロほど走りました。

 ――今回、Smart B-Trainerを試してもらったわけですが、それ以前には何かこういった計測用デバイスは使っていましたか。

 ナイキのGPSウォッチ(Nike+ SportWatch GPS)を2年ほど前に購入し、今も使っています。ランニングを始めた当初はiPhoneを腕にバンドでくくりつけて、アプリの「Nike+ Running」を使って記録を取っていたのですが、初めてのフルマラソンを前にしてウォッチでの計測に切り替えました。

Nike+ SportWatch GPS Nike+ SportWatch GPS

 ――なるほど。ではあらためて、ここ数日間Smart B-Trainerを使ってみていかがでした?

 まず、若干ですが最初は使い方の部分で手こずった面がありましたね。本体には小さいマニュアルが同梱されているのですが、それを見ながらiPhoneにアプリをインストールして、正しく心拍数が取れているかを確認しました。でも、耳の部分で心拍(脈拍)を計るので、イヤーパッドがちゃんと装着できていないとうまく数字が取れないんです。何度か耳に入れる角度などを調節したらうまく装着できました。

 ――装着に少しコツがいる、と。走っているうちにずれてくるようなことはありませんでしたか?

 それはほとんどありませんでした。一度コツをつかんでしまえば、あとはしっかり固定されて、フィット感は悪くありませんでしたね。以前、胸に巻くバンドタイプのハートレートモニターなども試してみたことがあるのですが、あれは走ったり自転車に乗っていたりするとだんだんずれてくるんですよ。Smart B-Trainerはその点の心配はありませんでした。

テンポに合わせた自動選曲は○ 本体には「ボタンが多い」

 ――初めて屋外で使ってみた印象はどうでしたか。

 普段、音楽を聴きながら走る習慣があまりないので新鮮でしたね。自分で曲を転送することもできるのですが、もともとテンポの異なる曲がデフォルトで30曲ほど入っているので、まずはそれを聴いてみました。自分がランニングのペースを上げると、自動で曲(テンポ)も切り替わったので、心拍数に連動していることに気付きました。

 ランニングはいつも仕事から帰った夜中にしているのですが、気持ちが乗ってくるまでに時間が掛かるんですね。しばらく走っていると気持ちよくなってくるんですけど。今回、音楽を聴きながら走っていたら、その「気持ちが乗るまでに掛かる時間」が短くなったような気がしました。

ts_music.jpg Smart B-Trainer 製品公式サイトより。運動強度やランニングのペースにあわせた楽曲を自動選曲・再生するモードと、通常再生モードを選択できる

 ――走っている最中や、走り終えてからのデータ管理などはどうですか。

 今使っているNike+ SportWatch GPSだと、データをスマホアプリで見たい場合、一度PCに取り込んでクラウドにアップロードする必要があります。Smart B-TrainerはBluetooth経由で直接スマホに転送できるので、その点はだいぶ楽でした。

 でも、走りながら細かく数値を確認したい人にとっては、ちょっと好みが分かれるかもしれません。Smart B-Trainerは、1キロごとにペースや心拍数や距離情報を音声で教えてくれるんですけど、Nike+ SportWatch GPSだともうちょっと情報量が多いんです。例えばその日走り始めてからの平均ペースなんかは、走っている最中には教えてくれない。走り終えた後にアプリで確認すれば分かるんですけど。フルマラソンを走るような場合などは、そういったデータをやはりレース中に確認したいんですよね。

ts_log01.jpgts_log02.jpg Smart B-Trainerのスマホアプリで確認できるデータ
ts_log03.jpgts_log04.jpg 走行距離や走行時間はもちろん、心拍数の推移や1キロごとのラップタイムも記録される

 ――他に気になった点などはありますか?

 左右のイヤーユニットにボタンがけっこう多く付いているので、走りながらだと操作が分からなくなってしまうことはありました。曲を飛ばしたいときなどに、間違えて止めてしまったり。慣れないとちょっと操作は難しいと思います。

ts_button.jpg 左右のユニットに複数のボタンが付いている

レースではなくトレーニング向け 価格をどう評価するか?

 ――現在は2万7000円前後で市販されていますが、価格についてはどう見ますか。

 そうですね……もちろんそれなりの値段ですけど、単なるイヤフォンではなくランニングログの記録/計測デバイスとして見れば、こういった製品はけっこう高価なものが多いので、特別に値段がどう、という風には感じません。同じような価格帯だと、エプソンのWristableGPSとか、アディダスのmicoach、PolarのM400あたりがその他の選択肢ですか。

 それこそ、GARMINのすごく高性能なものなどもありますが、それはやっぱりレース向けという側面が強いとも思います。先ほどお話しした「走っている最中に確認できるデータの種類」の話とも関係してきますが、Smart B-Trainerはどちらかと言えばトレーニング向け。心拍トレーニングをしっかりやってみたいという人にはいいんじゃないでしょうか。後は、走るときには音楽が必須! という人にも。

ts_heartrate.jpg Smart B-Trainer 製品公式サイトより。トレーニングの目的にあわせて心拍数をコントロールする

 以上、Smart B-Trainerの実際の使用感や良い点、気になる点についてまとめてみた。Kさんのコメントの中にも出てきたが、心拍(脈拍)を計れるランナー向けデバイスとしては現時点でウォッチタイプやバンドタイプがほとんどで、耳で計測する本製品のようなデバイスはまだまだ多くない。

 今後同様の製品が登場してくる可能性もあるが、「音楽と心拍」をキーにしているという意味で、画期的な新製品であることは間違いない。購入を検討している人は参考にしていただければ幸いだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.