ニュース
» 2015年04月24日 08時24分 UPDATE

Apple Watch App Store公開 Apple Watchがなくても閲覧可能

Apple Watchアプリの中に用意されていたApp Storeが4月24日、正式にオープンしました。対応アプリがカテゴリー別一覧から選べたり、検索したりできます。

[ITmedia]

 iOS 8.2から用意された、Apple Watchとのペアリングや対応アプリの検索に利用する「Apple Watch」アプリには、「マイウォッチ」「コンテンツ」「App Store」という3つのタブが用意されています。この中のApp Storeタブが更新され、4月24日朝から「おすすめ」と「検索」に切り替わりました。Apple Watchアプリを起動すると自動的に切り替わります。

Apple Watch App StoreApple Watch App Store これまで「App Store」タブにはApple Storeの予約ページへのリンクと「まもなく登場」の文言しかありませんでした
Apple Watch App StoreApple Watch App Store 24日以降にApp Storeタブを開くと、自動的に「おすすめ」と「検索」に切り替わります。ここでアプリの一覧の確認や検索ができます。Apple Watchを持っていなくても確認できます

 おすすめと検索では、App Storeとほぼ同じ見た目と操作性で、Apple Watch対応アプリだけが表示されます。見た目の違いは、アプリのアイコンが、Apple Watchに表示される円形のものになることくらいです。App Storeの膨大なアプリの中から探すのではなく、対応するものだけがリストアップされるので、手に入れたその日からApple Watchの機能が楽しめます。カテゴリー別に分類された「おすすめ」順のリストや、「タイトル」順、「リリース日」順に並べ替えられます。

 アプリの詳細画面では、iPhoneアプリの画面キャプチャに加えて、Appe Watchでの表示画面が確認できます。

Apple Watch App StoreApple Watch App Store すでに対応アプリが多数用意されていて、詳細画面ではApple Watchでの画面表示のスクリーンショットも用意されています

 Apple Watchの購入予定がなくても、ホーム画面に強制的にアプリが追加されるため、煩わしさを感じた人も多いかもしれませんが、対応アプリを眺めていたら、Apple Watchが欲しくなってしまうかもしれません。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.