レビュー
» 2015年04月26日 07時00分 UPDATE

実は簡単:Apple Watchを右腕で快適に使う方法

Apple Watchを右腕に着けて使いたい人も多いのではないでしょうか。Apple Watchには、右腕に着けたときに使いやすくする設定が用意されています。

[園部修,ITmedia]
Apple Watchを右腕に着ける

 いよいよ発売になったApple Watch。オンラインで注文して、納期が少し先だった人にも、24日から25日にかけて配送されたり、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店では24日に予約なしでも当日販売分が買えたりと、当初うわさされたほど品薄ではないようです。

 さて、そんなApple Watchについて、以前「Apple Watchは右腕に着けても使える?」という記事を掲載したところ、かなり読者の方の関心を集めました。左利きだったり、すでに左腕に時計をしていたり、例えば「JAL Countdown」アプリのように、飛行機に乗るときにApple Watchに2次元バーコードを表示したりする際には、Apple Watchを右腕に着けたい人もいるからでしょう。

 この記事は3月に掲載したもので、タッチ&トライでの体験を元に、「Digital Crownは、左手の人さし指や親指で回せるし、押し込みや、その下のボタンの操作は左手の親指でできます」「快適さこそ左腕に着けたときより幾分劣るものの、慣れてしまえば操作は問題なく行えます」と考察していましたが、実はこのときは判明していなかった機能がありました。この機能を利用すれば、右腕に着けても、左腕に着けたときと同じように快適に利用できます。

 Apple Watchは、最初にiPhoneとペアリングする際に、右腕に着けるか、左腕に着けるか選ぶようになっています。Apple Watchは、腕を上げる動作に合わせて画面を表示するのですが、この設定で、画面を表示する際の位置(角度)の認識を変えています。さらに、設定画面でDigital Crown(リュウズを模したダイヤル式の操作ボタン)を右にするか、左にするかが選択できます。初期状態ではDigital Crownは右にありますが、これを左にすることで、右腕に着けたときの操作画より快適になります。

Apple Watchを右腕に着ける iPhoneとApple Watchをペアリングする際に、左腕に着けるか、右腕に着けるか選びます
Apple Watchを右腕に着ける Apple Watch側の設定で、「一般」を選びます
Apple Watchを右腕に着ける その中に「向き」というメニューがあります
Apple Watchを右腕に着ける 「クラウン」を左に設定すれば、Digital Crownを左側にして使えます

 ちなみにDigital Crownの向きを今まで逆に設定すると、画面がくるりと回転します。バンドは上下どちらの向きにも着けられるようになっているので、設定に合わせて付け替えるといいでしょう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事