コラム
» 2015年05月08日 11時20分 UPDATE

物忘れが激しいあなたに朗報!? 記憶力が飛躍的に向上できる方法が開発されるかも!?

[Geno]
Geno
Geno Image 写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません

 鍵や眼鏡や携帯。いつもどこかに忘れてしまったり、なくしてしまったり、探し物ばかりしている人っていますよね。そんな、人生の半分を探し物に費やしているかもしれないあなたを救ってくれる薬が誕生するかもしれません。

視覚からの記憶が向上?

 スペインの研究チームによると、RGS14という遺伝子は、学習能力や記憶力を妨げる働きをもつことが判明しました。研究では、マウスからRGS14遺伝子を取り除いたところ、モノの記憶が向上したり、迷路の抜け道を探す学習能力が向上したことが確認されたそうです。このRGS14遺伝子は、ネズミの脳内視覚野に関連しており、視覚でとらえた記憶が、実験前は1時間程度だったのに対し、遺伝子改変後は、最長で2か月間も記憶していました。このRGS14は、ヒトも持つことが分かっています。 今後、このRGS14をコントロール出来る新薬が開発されれば、物忘れが改善できるかもしれませんね! 今後の研究に期待したいと思います!

参考文献:http://www.sciencemag.org/content/325/5936/87.abstract

この記事は「遺伝子の?を!に変える」をコンセプトに、遺伝子に特化した国内外の情報を配信するサイト「Geno」から転載しています。


Copyright© 2016 GENESIS HEALTHCARE. CO. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう