ニュース
» 2015年05月12日 19時35分 UPDATE

社長交代会見で明言:カシオ、“時計メーカーらしい”ウェアラブルデバイスを開発中 2016年1月のCESで発表

カシオ計算機が、代表取締役の異動を発表。新社長には樫尾和宏氏が就任する。その席上で、同社が「時計メーカーらしい」端末を開発しているとの発言があった。2016年1月のCESで披露するという。

[園部修,ITmedia]

 カシオ計算機は5月12日、現代表取締役社長 執行役員の樫尾和雄氏が代表取締役会長に、現取締役 専務執行役員の樫尾和宏氏が代表取締役社長に就任する人事を発表した。6月26日の定時株主総会開催後の取締役会にて正式に決定する。

樫尾和宏氏 代表取締役社長に就任予定の樫尾和宏氏

 さて、その社長交代の会見中に、「カシオらしさとは何か」と問われた際、会長に就任予定の樫尾和雄氏が「人のまねではなく、カシオが初めて出すもの」と話し、現在取り組んでいる新規事業の1つとして、「現在『リスト端末』を開発している。2016年1月のCESに出品する予定だ。時計メーカーなので、時計としての価値観を失わずにやっていきたい。現在さまざまな会社がやっているリスト端末のコンセプトとはだいぶ違う、時計メーカーらしいリスト端末を出す」と発言した。

樫尾和雄氏 樫尾和雄氏は代表取締役会長として、1年間で新体制へのバトンタッチを図る。その樫尾和雄氏が、新型ウェアラブルデバイスの発表に言及した

 そのリスト端末の詳細は不明だが、今話題になっている、腕に着けるデバイスといえば「Apple Watch」などのスマートウォッチ。カシオ計算機は時計メーカーとしてさまざまな製品を展開しており、またこれまで、他社に先駆けて新ジャンルの製品を出してきた歴史もあるが、現在のスマートウォッチ市場ではまだ存在感を示せていない。市場をあっと驚かせるような新製品が出せるのか、注目される。

 なお樫尾和雄氏は、2016年3月期(第60期)に売上5000億円、営業利益750億円の達成を目指しているこのタイミングで社長の交代を発表した背景として、「新体制を構築し、新たな3カ年計画を考え、1年間新社長とともに目標達成を目指したい。この1年で今後の成長のめどを付け、めどが付いたらあとは新社長が中心となって経営計画を達成していく」狙いがあると話した。1年経過後に和雄氏が会長職を退くのか、という質問に対しては「1年後の状況を見て考えたい」と明言を避けた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.