コラム
» 2015年05月13日 06時00分 UPDATE

夏までに腹筋を割る! 効果的な5つの方法

夏になれば海やプールに行く機会が増え水着になることも多くなります。キレイに腹筋を割る効果的な方法を5つ、ご紹介しましょう。

[ITmedia]
ts_sn01.jpg

 夏が近づくにつれ、服装も薄着になり服で隠していた脂肪も隠せなくなります。それどころか、夏になれば海やプールに行く機会が増え水着になることも多くなりますね。その場合、できることなら美しい体でいたいもの。特に腹筋が割れていれば、締まったキレイな体に見えます。

 夏までに腹筋を割る効果的な方法を5つ、ご紹介しましょう。

基本的には筋トレ+有酸素運動を

 腹筋を割るには腹筋運動だけをするよりも、有酸素運動と組み合わせて行う方が効果的と言われています。

 筋トレは基礎代謝を上げて脂肪燃焼をしやすい体にしてくれるという効果があり、有酸素運動は直接脂肪を燃焼させるという効果があると言われています。筋トレを行った後、有酸素運動をすると、より脂肪が燃焼されやすいのです。

 筋トレを行ったら有酸素運動をする、という順番で、効率的に美しい腹筋を手に入れることができるでしょう。

初心者にもできるクランチ

 腹筋を割るには、やはり腹筋運動が必要です。腹筋運動で効果を出すにはフォームが大事。一般に、腹筋運動に慣れていない人がいきなり始めても、効果を出すことは難しいものです。そこで、初心者でもできるクランチの方法を紹介しましょう。

  1. 仰向けになり、手は耳のあたりに軽く添えます。
  2. 足を上げて膝が90度になるように曲げます。
  3. おへそを覗きこむようにして頭を上げます。この時、お腹に力が入っていることを意識します。
  4. 5秒キープしたら元の姿勢に戻ります。

 15回3セットを目標に行います。

下腹の筋肉を鍛える方法

  1. 床に仰向けになります。
  2. 足を上げて膝を軽く曲げます。
  3. 弧を描くように膝を胸に近づけていきます。この時、背中が床から離れないようにしましょう。

 15回3セットを目標に行います。

サイドの腹筋を鍛えて目立つ腹筋に

  1. 仰向けになり腕は体と直角になるように広げます。
  2. 足を上げ膝が90度になるように曲げます。
  3. 足をゆっくり横に倒します。床につかない限界のところまで倒しましょう。
  4. 反対側も同じ様に行います。

 15回3セットを目標に行います。

膝を上げるだけで腹筋を鍛える

  1. 仰向けになり足を上げて膝を90度に曲げます。
  2. その状態のままキープします。

 最初は1分を目標に行いましょう。お腹に力が入っていることを意識することが大切です。

まとめ

 ここに挙げたすべての腹筋運動をする必要はありません。できそうなものを継続して行うことが大切です。また、実際に行うときは「腹筋を意識して」行うことが効果を左右するといっても過言ではありません。キレイに割れた腹筋を目指して、地道に努力をしていきましょう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.