レビュー
» 2015年05月18日 07時30分 UPDATE

Apple Watchの文字盤で、バッテリー残量をいつでもチェックできるようにする方法

Apple Watchのバッテリー残量を手軽にチェックできるようにするには、文字盤をカスタマイズして常時表示しておくのが簡単で便利です。

[園部修,ITmedia]
Apple Watchのバッテリー表示

 Apple Watchのバッテリー駆動時間は、公式には約18時間とされていますが、実際に使っていると、まる1日はほぼ大丈夫なことが分かってきました。夜寝る前に充電し、朝起きたら腕に着ける、という使い方でほぼ困ることはなさそうです。

 とはいえ、バッテリーの残量がどれくらいあるのかは気になるところ。ワークアウトアプリを使用するとバッテリーの減りが早くなったりもしますので、いつでもバッテリー残量をチェックしたい、という人は、文字盤をカスタマイズしてバッテリー残量を常に表示できるようにするのがポイントです。

Apple Watchのバッテリー表示 グランスのバッテリー表示

 初期状態では、文字盤にバッテリー残量は表示されません。残量を確認したいときは、画面を下から上にスワイプしてグランスを開き、バッテリーの画面(省電力モードへの切り替えボタンがある画面)を見る必要があります。ですが、時刻を見るときに、一緒に残量もチェックできたほうが手間も少ないので、文字盤をカスタマイズするといいでしょう。

お勧めの設定は

 文字盤にバッテリー残量が表示できるのは、以下の6種類です。

  • ユーティリティ
  • モジュラー
  • シンプル
  • カラー
  • クロノグラフ
  • ミッキー
Apple Watchのバッテリー表示Apple Watchのバッテリー表示 ユーティリティ(左)とモジュラー(右)
Apple Watchのバッテリー表示Apple Watchのバッテリー表示 シンプル(左)とカラー(右)
Apple Watchのバッテリー表示Apple Watchのバッテリー表示 クロノグラフ(左)とミッキー(右)

 設定方法はいずれも簡単です。画面を強押しして、左右にスワイプして文字盤を選んだら、画面下部に表示される「カスタマイズ」ボタンを押して、カスタマイズ画面に入ります。すると、表示する情報を切り替える画面になりますので、パーツの場所をタッチで選び、Digital Crown(リュウズ)を回して項目を入れ替えます。

Apple Watchのバッテリー表示Apple Watchのバッテリー表示 文字盤を強押しして、「カスタマイズ」ボタンを押すと表示項目が変更可能です。変えたい場所をタッチして、Digital Crownを回して切り替えます

 文字盤によって、設定できる場所はさまざまですが、対応するすべての文字盤で、画面の左上に設定できます。スマートフォンなどで見慣れている位置に表示しておくと、自然と目に入るのでお勧めです。

Apple Watchのバッテリー表示Apple Watchのバッテリー表示 ユーティリティ(左)とモジュラー(右)でバッテリー表示ができる場所
Apple Watchのバッテリー表示Apple Watchのバッテリー表示 シンプル(左)とカラー(右)でバッテリー表示ができる場所
Apple Watchのバッテリー表示Apple Watchのバッテリー表示 クロノグラフ(左)とミッキー(右)でバッテリー表示ができる場所

 余談ですが、カラーの文字盤には、「モノグラム」という項目があり、ここには最大4文字までの好きな言葉が入れられます。モノグラムに入力する文字列は、iPhoneのApple Watchアプリから設定ができます。

 Apple Watchアプリを開いたら、「マイウォッチ」タブの画面を少し下にスクロールして「時計」の項目を開きます。この中に、「モノグラム」という項目があるので、ここに文字を入力すればOKです。最大4文字しか入らないのですが、Macで入力したアップルマークを、メモ帳などに貼って、iPhoneの辞書に学習させることで、アップルマークを表示させることも可能です。

Apple Watchのモノグラム モノグラムの表示はApple Watchアプリの「時計」から変えられます

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事