ニュース
» 2015年06月05日 06時00分 UPDATE

日焼けをアフターケアする上手な方法は?

日焼けをそのままにしておくと、水ぶくれになったり、肌が乾燥し、シミやシワの原因になってしまったりします。そうならないためにはアフターケアが重要です。

[ITmedia]

 紫外線が強くなるこれからの季節、特に海や山などに行くことになれば、日焼け対策は必須です。しかし、日焼け止めを塗っていても肌がヤケドをしてしまうことも。そのままにしておくと水ぶくれになったり、肌が乾燥し、シミやシワの原因になってしまったりします。そうならないためにはアフターケアが重要です。

ts_sun.jpg

<関連記事>

帰宅したらすぐにクレンジング

 日焼け止めは肌に刺激があり、負担になるものが多いです。肌に長時間付けておかないためにも、帰宅したらすぐにクレンジングをして日焼け止めを落としましょう。

 日焼け止めは肌にしっかりと付着していることが多いので、落とすときには念入りに。しっかりと落とすといっても、ゴシゴシこすったりすると肌を傷める原因になるので、ていねいに、優しくクレンジングと洗顔を行うようにしてください。

クレンジングの後は肌を冷やして保湿

 日焼け止めをキレイに落としたら、すぐに化粧水をつけて保湿美容液などで保湿をしましょう。紫外線を浴びた肌はいつも以上に乾燥しています。肌に潤いを与えるためにも、化粧水をたっぷりつけ、しっかり保湿をしましょう。

 化粧水は冷蔵庫などで冷やしておくと、スッキリしますし肌の引き締めにもつながります。化粧水をつけるときには、優しく、手で肌を抑えるようにつけてあげましょう。日焼けで肌が敏感になっているので、ていねいに扱うことが大切です。

日焼けがひどい場合のケア

 日焼けはヤケドをしているということでもあります。ひどいと水ぶくれになったり、肌に炎症を起こしてしまったりすることも。そのような状態では化粧水などがかえって刺激になるので、まずは保冷剤や氷をビニール袋に入れるなどして、冷やしましょう。また、内側からのケアとして、水分をしっかりと補給することも大切です。

日焼け後のケアとしてオススメの食べ物

 紫外線によってメラニンが増えるのを防いでくれるのがビタミンCです。緑黄色野菜やレモン、グレープフルーツ、キウイなどに多く含まれていますので、たくさん食べるようにしましょう。

 さらに日焼けした肌にオススメなのがビタミンE。大豆やゴマ、ナッツ類に多く含まれていますので、積極的に摂るようにしてください。

 日焼けしてしまっても慌てず、肌の状態を把握してきちんとケアをすることで、肌荒れを最小限にとどめることが可能です。その際には水分補給もしっかりしましょう。しかし、できればそうならないように、事前に紫外線対策をきちんとすることが大切です。

関連キーワード

紫外線 | 原因 | 選び方 | 美容 | おすすめ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう