コラム
» 2015年06月08日 06時00分 UPDATE

水よりもコーヒーを飲むべき? コーヒーと遺伝子の関連性がまた新たに発見されました!

ドイツの研究チームによると、コーヒーの日常的な摂取が、DNAダメージを防ぐことができるようです。

[Geno]
Geno

 コーヒーが人間に与える影響に関しては、すでにメリットデメリットさまざまな研究が発表されていますが、今回また新たにコーヒーとDNAの関係性が明らかとなりました。ドイツの研究チームによると、コーヒーの日常的な摂取が、DNAダメージを防ぐことができるようです。

ts_geno0607.jpg

焙煎したコーヒーが鍵?

 研究チームは、健康な84人の男性を対象とし、4週間毎日750mlのコーヒーを飲むグループと水を飲むグループに分けて比較をしました。その結果、コーヒーを摂取したグループは、DNAのダメージが減少したことが分かりました。水を飲んだグループは、DNAのダメージがわずかに増加しており、そのグループ差は27%だったようです。

 今回実験に用いられたコーヒーは、コーヒーの主要成分である「3カフェオイルキナ酸」とローストした「Nメチルピリジニウム」を多く含んでいました。3カフェオイルキナ酸はクロロゲン酸という成分の仲間であり、ポリフェノールの一種で抗酸化作用や脂肪蓄積を抑える効果を持つと言われています。Nメチルピリジニウムは、コーヒー豆を焙煎する過程で生成され、胃酸の分泌を軽減する効果があるとも言われています。

 2つのグループには、食事に関するアンケート調査も行いましたが、互いに差は見られず体重にも変化がなかったそうです。したがって、研究チームは、コーヒーの成分がDNAのダメージを抑制したと結論付けました。

 今回の論文には登場しませんでしたが、コーヒーを飲むかどうかの選択要因で、最も気にする人が多いのはカフェインかと思います。 自分の遺伝的なカフェイン代謝傾向や摂取傾向が知りたい方はGeneLife NEOがおススメです。

<参考文献>

この記事は「遺伝子の?を!に変える」をコンセプトに、遺伝子に特化した国内外の情報を配信するサイト「Geno」から転載しています。


Copyright© 2016 GENESIS HEALTHCARE. CO. All Rights Reserved.

オススメ記事