コラム
» 2015年06月09日 06時00分 UPDATE

知っておきたい熱中症の症状と応急処置 見分け方をチェック

軽視していると恐ろしいことになる熱中症。万が一のときの応急処置を知っておきましょう。

[ITmedia]

 炎天下で「少し体調が悪いけど休めば大丈夫」と思っていたら熱中症だった、というのはよくあるケースです。そのままでいると症状がますます悪化してしまうことも。そうなる前に適切な処置を取ることが大切です。もしものときのために、応急処置を知っておきましょう。

知っておきたい熱中症の症状と応急処置

こんな症状が出たら熱中症かも?

 十分に対策をしているつもりでも、気温の変化によって熱中症の症状を引き起こすことがあります。次のような症状が見られたら要注意です。

めまいや顔のほてり

 顔がほてったりしているのは日焼けではなく、熱中症の症状かも。めまいや立ちくらみ、腹痛などを伴っていればほぼ熱中症です。

体のだるさやけいれん

 疲れた、という感じよりも強いだるさ、力が入らない、さらには吐き気や頭痛などを起こしている場合は危険です。

手足がつる

 多量の汗をかくと血液中のナトリウムやカリウムのバランスが崩れやすくなります。その状態で起こるのがこむら返りなど、手足がつるといった症状です。水分を補給しているだけではこうした症状が出てしまいます。

汗のかきかたが異常

 汗がとまらない、普段では考えられないほど大量の汗をかく、またはまったく汗をかかない、といった症状にも注意しましょう。

呼びかけに反応しない

 呼びかけに反応しない、水を飲めない、などの意識障害を起こすこともあります。この状態は非常に危険な状態なのですぐに医師による診療が必要です。

適切な応急処置の方法

 熱中症の症状が出ていたら、すぐに涼しい場所に移動しましょう。室内やクーラーのきいた車内、または風の通る日陰に行って、安静にすることです。

 また、衣服を脱がし体の熱を冷ますことも重要です。うちわなどで風を起こし、保冷剤などで首筋、わき、足の付け根などを冷やすと効果的です。

 同時に水分補給も行いましょう。水分と塩分の両方を一度に補給できるスポーツドリンクなどがオススメです。ただし、自分で水分を補給できない状態であったり、嘔吐などを起こしていたりする場合は水分が気道に入って危険な状態になることもあるので、無理に飲ませるのは控えましょう。

 めまいや嘔吐、こむら返り、大量の発汗、頭痛、吐き気、虚脱感などの症状であれば、その場で応急処置をして様子を見るようにすればいいのですが、意識障害を起こしている、手足のけいれんがひどい、体に触ると熱いなどの症状が出ている場合は、すぐに病院に行くようにしましょう。また、様子を見ていても症状が改善されない場合は、医療機関で診療を受けることをお勧めします。

関連キーワード

紫外線 | 原因 | 選び方 | 美容 | おすすめ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.