ニュース
» 2015年06月09日 23時03分 UPDATE

ゴルフスイング解析システム「M-Tracer for Golf」にパッティング解析が可能な新モデル「MT500GP」

スイングを解析してゴルフのスコアアップにつなげる便利なシステム「M-Tracer for Golf」に、パッティングの解析にも対応した新モデル「MT500GP」が登場しました。

[ITmedia]

 エプソンが6月9日、ゴルフクラブに装着してスイングの解析ができるシステム「M-Tracer for Golf」の新モデル「MT500GP」を発表しました。6月16日から販売を開始します。エプソンダイレクトショップでの販売価格は3万4800円(税別)。

M-Tracer for Golf MT500GP パッティングの解析に対応した「M-Tracer for Golf MT500GP」

 MT500GPは、平均スコア100前後のアベレージゴルファーやさらに上級のプレイヤーが、スコアアップを目指す際に役立つスイング解析システム。エプソン独自の小型・軽量センサーをゴルフクラブやパターに装着してスイングすると、データを計測し、専用のスマートフォンアプリでグラフや画像による詳細なスイング解析が確認できます。

M-Tracer for Golf MT500GP 親指大のデバイスをクラブやパターに取り付けて使用します

 これまでのM-Tracer for Golfでは、パッティングの解析に対応していませんでしたが、ユーザーからの要望を受け、MT500GPでは、通常のスイング解析に加えてパッティングの解析が可能になったのがポイントです。

 パッティングの解析は、専用アプリ「Epson M-Tracer For Putter」を用いて、ストローク軌跡を元にした「総合解析」、フェース角やスクエア度を元にした「方角解析」、重心からの距離を元にした「打点解析」、バック幅やスピードによる「ストローク解析」、ロフト変化量、アタック角のデータを分析する「ライジング解析」を用意しています。ストロークの軌跡が3D画像で確認できるほか、それぞれの解析結果を元にした総合スコアなども確認できるため、楽しみながらスコアアップに取り組めるのが特徴です。

Epson M-Tracer For PutterEpson M-Tracer For PutterEpson M-Tracer For Putter 総合解析、方角解析、打点解析
Epson M-Tracer For PutterEpson M-Tracer For Putter ストローク解析、打点解析

 もちろん、「Epson M-Tracer for Golf」アプリを利用すれば、通常のクラブでのスイング、インパクト、スピード、シャフト回転、テンポを解析し、グラフや画像により表示する機能も利用できます。

 なお、従来モデルの「MT500G」「MT500GII」ユーザー向けにも、有償でパッティング解析対応ファームウェアが提供されます。アプリ内課金を利用してアップグレードするサービスは5000円(オプションのパター用アタッチメント/1080円、ケース/3218円(いずれも税込)は別途購入)、引き取りのうえアップグレード作業後に返送するサービスは1万800円(パター用アタッチメント、ケース付属、税込)で利用できます。

 MT500GおよびMT500GIIのユーザーには、パッティング解析アプリの無料お試しキャンペーンを6月16日から8月31日まで提供します。パター用アタッチメントは別途購入する必要がありますが、アプリの動作を確認することができます。

 また、MT500GPかMT500GIIを購入し、アンケートに協力した人を対象に、横峯さくら選手の「サイン色紙」「サイン入りキャップ」をプレゼントするキャンペーンも実施します。詳細はM-Tracerアンケートキャンペーンのページで確認できます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事