連載
» 2015年06月10日 06時00分 UPDATE

星5つ! サンヨー食品「サッポロ一番 大人のミニカップ きつねうどん」をレビュー!

今回選んだのはサンヨー食品の「サッポロ一番 大人のミニカップ きつねうどん」(108円/税込み、店頭価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものだけを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのはサンヨー食品の「サッポロ一番 大人のミニカップ きつねうどん」(108円/税込み、店頭価格)だ。

ts_food0701.jpg

オススメ度(10段階評価)

star5.jpg

確かにこれは減塩 味薄っ! 世の中は受け入れられるか?

 これはちょっとした挑戦といえるかもしれない。いや新商品を出す企業からすれば常に挑戦なのだろうが。

 明らかに減塩なのだ。味が薄い。これまで減塩の商品というのは「減塩していてもしっかりした濃い味付け」を維持することに注力していたはずだ。だがサッポロ一番のサンヨーは、そうじゃないんだと。減塩なんだから味は薄くていいんだ、と、そう訴えるかのような商品を出してきたわけだ。

 実際おいしくないわけではない。非常に上品な味なのだ。が、そうは言ってもインスタントである。とくに麺はインスタントとしか言い様がない。

 どんなに上品なつゆでもインスタントの麺には合わないし、味もなじまない。結果、なんだか味気ない商品となってしまった。これが食堂で出てきたり、生麺であれば違う評価になると思う。

 だがインスタント麺にはやはり濃い味付けが不可欠なのだ。スープは減塩でも◎。だがカップ麺として見た場合は、高得点はあげられない。それに量もめっちゃ少ないし。

 量が少なければ塩分もカロリーも摂取はしないだろうが、「たっぷり食ってダイエットをしたい」という、筆者、あるいは同類の世の中を舐めた連中には通じない。理想のダイエット・健康食品とは「ボリュームがあって、味が濃い(おいしい)こと」なのだ。

 うん、まずは筆者とその同類を滅ぼしたほうが良いようだ。それはともかく、一方でこのような減塩の商品はもっと増えてほしいとは思う。薄味がもっと当たり前になれば、やはりそれは多少健康になった世の中につながるだろうから。

ts_food0702.jpg

公式情報

モチモチとした食感のめんは、うどんつゆとのなじみがよく、全粒粉を練りこむことで小麦の風味が香るうどんに仕上げました。つゆは、北海道産利尻昆布・瀬戸内産煮干しを使用し、淡口しょうゆで味を調えたすっきりとした味わいの上品なうどんつゆです。具材の和風だしとしょうゆで甘辛く味付けした油揚げとふわふわ食感のかき卵が食欲をそそり、わかめの磯の香りとねぎのさわやかな香りがつゆのおいしさを引き立てます。だしにこだわったことで、塩分を30%カット※することができました。“おいしさ”と “減塩”を両立させた大人の方に向けた和風のミニカップめんです。

※日本食品標準成分表2010和風スタイル即席カップめん(油揚げ麺)との比較

栄養成分

熱量 190kcal
たんぱく質 3.6g
脂質 7.8g
炭水化物 26.4g
ナトリウム 760mg
ビタミンB1 0.33mg
ビタミンB2 0.58mg
カルシウム 155mg
カリウム 260mg
hc_rensai.jpg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう