ニュース
» 2015年06月10日 23時25分 UPDATE

体組成の「質」をより正確に見える化 タニタの筋質点数対応体組成計「RD-501」「RD-902」「RD-903」

タニタが、世界初となる筋肉の質を計測して点数化する「筋質点数」を表示できる体組成計を発表した。筋肉の量だけでなく、質を計測することで、筋力をより正確に把握できる。

[ITmedia]

 タニタが6月9日、同社が「次世代の体組成計」とうたうデュアルタイプ体組成計の新製品、インナースキャンデュアル「RD-501」「RD-902」「RD-903」を発表した。7月1日に発売する。

TANITA RD-902 RD-903 インナースキャンデュアル「RD-902」「RD-903」
TANITA RD-501 インナースキャンデュアル「RD-501」

 インナースキャンデュアルのこの3つの新製品は、プロフェッショナル仕様の体組成計に導入されている、細胞全体の情報を取得する高い周波数と、細胞外の情報を取得する低い周波数の2つの電流を使うデュアル式計測技術を採用した家庭用の体組成計。細胞レベルの変化を反映した精度の高い計測が可能だという。

 また、筋肉の質を計測する「筋質点数」という新しい指標を世界で初めて導入。筋繊維の大きさや脂肪、繊維質の結合組織の含有量といった筋肉組織の状態を電気的に評価する技術を実用化できたことから、新たに搭載した。筋肉量に加えて筋質点数を把握できるため、質を高めて筋力を向上させる際の指標にできる。

 RD-501は、シルバーとレッドの2色展開、RD-902とRD-903はブラック、ホワイト、レッドの3色展開。RD-902は最小表示が100グラム単位、RD-501とRD-903は最小表示が50グラム単位となっている。またRD-902とRD-903は、iPhoneおよびAndroidスマートフォントンラーケイできる機能があり、専用アプリで測定データの管理やグラフ化ができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.