コラム
» 2015年06月12日 06時00分 UPDATE

玄米茶の効果とおいしく飲むコツは?

玄米とお茶をブレンドした玄米茶。緑茶よりもカフェインが少なく、子どもでも飲めると人気です。また、その健康効果にも着目されています。

[ITmedia]

 緑茶は美容にも健康にもいいといわれていますが、さらにダイエットにも効果的といわれているのが玄米茶です。玄米が美容食として知られていることもあり、その効果にはさまざまな期待が寄せられています。

ts_snb0612.jpg

玄米の美容・健康効果とは?

 玄米とお茶をブレンドした玄米茶。緑茶よりもカフェインが少なく、子どもでも飲めると人気です。

 また、玄米茶には緑茶のアンチエイジングや口臭予防などに効果のあるカテキンや、美肌・美白効果のあるビタミンC、α波が増えリラックスできるというテアニンといった栄養素が含まれています。

 さらに玄米に含まれる次のような栄養素が加わります。

  • GABA:中性脂肪やコレステロールの数値を下げ、肥満や動脈硬化などを改善する働きがあります。
  • 食物繊維:水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれているので、便秘の解消に役立つでしょう。
  • ビタミンB群:美肌づくり、脂肪燃焼、疲労回復などの効果があるといわれています。
  • ビタミンE:アンチエイジングに欠かせない栄養素です。
  • ガンマオリザノール:ポリフェノールの一つで、悪玉コレステロールを減らし動脈硬化や、糖尿病の予防をする働きがあります。

 このような栄養素を豊富に含む玄米茶は、美肌やダイエットだけではなく健康にもいい影響を与えてくれるものです。

玄米茶をおいしく飲むコツ

 クセがなく飲みやすい玄米茶ですが、おいしく飲むためには、急須に茶葉を入れて熱湯を注ぎ約30秒待ちます。ただし、玄米茶の種類によっては60〜90秒ほどかかるものもあるので、飲み方には注意しましょう。急須にはお茶を残さず最後の1滴まで注ぐことも、おいしく飲むコツです。

 ここで重要なのは使用する水です。水道水を一度沸騰させたものがオススメだといわれていますが、ミネラルウォーターを使っている場合は軟水から中硬水のものを使うといいでしょう。

 また、ショウガなどを入れて飲むと体を温めてくれるので、冷えの改善にもつながります。

 緑茶をはじめ玉露や煎茶、ほうじ茶、杜仲茶や黒烏龍茶など美容と健康に効果があるといわれるお茶はいろいろあります。玄米茶は栄養価の高い緑茶にさらに玄米の栄養価をプラスしたもの。健康や美容に対する効果は高いといえるでしょう。

 またうれしいのは、リーズナブルな価格で手に入るということ。玄米茶は継続して飲むことで、さまざまな効果を期待できるものです。気になっている方はぜひ一度お試しあれ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事