コラム
» 2015年06月13日 06時00分 UPDATE

鼻の黒ずみを解消する4つの方法

鼻の黒ずみを解消するには、どんなスキンケアが効果的なのでしょうか。4つの方法をご紹介します。

[ITmedia]

 鼻の黒ずみが起こるのはさまざまな理由がありますが、代表的な「皮脂の詰まり」の他にも、角質が厚くなっている、たるみがでている、ということも原因の一つになります。鼻の黒ずみを解消するために効果的なスキンケアを4つご紹介しましょう。

鼻の黒ずみを解消する4つの方法

ピーリング石けんで角質ケア

 鼻の黒ずみが目立つのは、鼻の周りの新陳代謝が乱れ、余分な角質がたまり厚くなってしまっているからです。これを解消するには、ピーリングなどの角質ケアをしましょう。

 具体的には、AHAなどの成分が配合されたピーリング石けんで角質を取り除きます。顔全体をぬるま湯で濡らし、ピーリング用の石けんを泡立て、黒ずみが目立つ場所に泡を乗せクルクルと泡をすべらせるようにさすります。

 このとき、ゴシゴシとこすると皮膚を傷めてしまうので、強くこすらないように注意しましょう。洗い終わったら、ぬるま湯で洗い流します。

酵素洗顔料を使う方法

 ピーリング石けんのほかにも、酵素洗顔料というものがあります。酵素洗顔料はタンパク質を分解し、余分な角質を除去してくれる洗顔料です。方法はピーリング石けんと同じ方法で洗顔をします。週に1〜2回程度行うといいでしょう。

毛穴を引き締めて黒ずみを解消

 老化によって皮膚がたるんでくると、毛穴が開き、鼻の黒ずみが目立ってきます。これを解消するには、毛穴を引き締めることが重要です。

 方法としては、ビタミンC誘導体を含んだ化粧水を使うこと。冷蔵庫で冷やすとより効果的といわれています。ビタミンC誘導体の化粧水をコットンに含ませ、軽くたたくように化粧水を肌に浸透させましょう。

保湿ケアを忘れずに

 化粧水で肌を引き締めた後は、必ず保湿クリームや保湿美容液を使って保湿ケアをしましょう。保湿をしないと肌が乾燥し、新陳代謝が乱れて角質がたまっていきます。これでは鼻の黒ずみも解消されません。保湿ケアをしっかりしましょう。

 ただし、オイリー肌の人は油分の少ない保湿美容液を使うようにしましょう。油分が多いと皮脂がたまり毛穴を塞いでしまうため、そこにホコリや角質が付着して黒ずみの原因となります。

 毛穴が黒ずんでしまう原因には、洗顔のし過ぎもあります。洗顔をしすぎると肌が乾燥し、皮脂の分泌が過剰になります。皮脂と角質が混ざり、黒く見える原因に。また、鼻を触るクセのある人も注意しましょう。手には雑菌やホコリがついており、そのまま鼻を触ると、黒ずみを進めることになってしまいます。

 こういった日常的なことにも注意して、黒ずみを退治してしまいましょう。

関連キーワード

スキンケア | 美容


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事