コラム
» 2015年07月03日 17時11分 UPDATE

夏に多い手足口病ってどんな病気?

手足口病は夏場に流行しやすい病気で、主に乳幼児が感染し、ときには重症に至ってしまうケースもあります。症状と予防、治療法について見ていきましょう。

[いしゃまち]
いしゃまち

 手足口病は、そのまま症状が出る場所を書いてあるので、分かりやすい病気かもしれません。夏場に流行しやすい病気で、主に乳幼児が感染してしまいます。でも小さい子供は、自分でつらいと訴える事ができない場合もあります。ときには手足口病で重症になってしまうケースもあるので、注意していただく為に、手足口病について詳しく説明していきます。

手足口病の症状と予防、治療法は?

手足口病とはどんな病気? 症状は?

 手足口病は乳幼児に流行りやすい、ウイルス性の感染症です。夏場に多くなり7月下旬頃がピークとなります。平成23年に大流行し、その後平成25年にも流行しました。感染症発生動向調査によれば、報告される患者は、5歳以下の乳幼児が90%を占めているようです。

 エンテロウイルスに属する幾つかのウイルスが原因となります。飛沫感染や接触感染、糞口感染(便の中のウイルスが口に入る事)で発症します。小さな子供が多く集まる、保育園や幼稚園で集団感染が起こりやすくなります。

 潜伏期間は3日から6日といわれています。まず口の中や手のひら足の底などに小さな水疱性の発疹ができます。水ぼうそうに似ていますが、水ぼうそうは高熱が出る事が多く、全身に水疱ができます。手足口病では高い熱などはあまりなく、出ても微熱で、ほとんどが軽症で数日の内に治ってしまうとされています。

 でもエンテロウイルスの中のエンテロウイルス71と呼ばれるウイルスにかかった場合は、ほかのウイルスで発症した時よりも重症化しやすく、髄膜炎や脳炎などの中枢神経の合併症を引き起こす事が分かっています。でもどのウイルスが原因かは検査しなければ分かりませんので、手足口病にかかったら、軽くすむだろうと思い込まないで、子供の様子を注意して見ておく事が大事です。

治療と予防は?

 手足口病はウイルスが原因なので、特効薬となるものはありません。熱が高く出ない為に解熱剤が処方される事は稀です。また水疱ができていても、ひどいかゆみではない為に、ヒスタミンが処方される程度で、軽症の場合は安静にし経過観察になります。

 でも口の中に水疱ができ食事がしにくく、脱水を起こす可能性がある場合は、点滴などの処置が必要になります。高熱が出たり、嘔吐、頭痛などの症状が出たり、ぐったりして元気がないなどの様子の時は、脳炎や髄膜炎など重症になっているかもしれませんので、早めに病院に行きましょう。

 手足口病には、ワクチンや予防できる薬がありませんので、予防としては、手洗いを励行するしかありません。また乳幼児の排泄物などは適切に処理して、その後は必ず手洗いをする事が大事です。集団で過ごす事が多い保育園などでは、タオルなどを共同にしないようにしましょう。

夏風邪はほかにもある?

 夏場に子供に流行しやすい夏風邪というのは、手足口病だけではなく、同じエンテロウイルスから感染するヘルパンギーナや、アデノウイルスで感染するという咽頭結膜熱(プール熱)があります。手足口病と同じ様に、ウイルスで発症するものなので、特効薬はなく、またワクチンもありませんので、手洗いやうがいをしっかり行いましょう。

 症状の違いについてまとめてみました。

  ヘルパンギーナ 手足口病 プール熱(咽頭結膜熱)
38度〜40度の高熱 平熱か微熱 38度以上の高熱
水疱など 口の中だけ 口・手・足の裏や甲 なし
炎症 喉や口蓋垂 なし 咽頭や目の結膜
重症ケース 脳炎や髄膜炎 脳炎や髄膜炎 重症化は少ない
出典:東京都|夏に流行する小児の感染症を元にいしゃまち編集部が作成

まとめ

 手足口病について分かっていただけたでしょうか? 手足口病は子供だけの病気ではないのですが、大人は子供の頃にかかっている事がほとんどである為に、あまり発症はしないといわれています。ただ、抵抗力が落ちた時には大人でもかかる場合があり、手足に水疱ができ高熱が出たり、倦怠感が出たりする事があり注意が必要になります。

<参照リンク>

関連キーワード

感染 | 病気 | 流行 | 子供 | 症状 | 治療 | ワクチン | 医者


「いしゃまち」のコンセプト

ishamachi_logo.jpg

いしゃまち は、「大切な人の健康を守りたい」というコンセプトから生れた健康医療情報メディアです。愛する人、大切な家族の ちょっと気になるカラダとココロの悩みを解決したい。「大切な人」が健康で、幸せ に生きていくために役立つ情報を伝えたい。そんな想いが込められた「場」、それが いしゃまちです。21世紀の家庭の医学情報メディアを目指しています。

http://www.ishamachi.com/


Copyright © 2016 Mediwill All rights reserved.

オススメ記事