コラム
» 2015年07月09日 07時00分 UPDATE

無理なダイエットも体臭の原因に

無理な糖質制限ダイエットを行うと、ケトン臭と呼ばれるにおいが体から出ることがあります。これも体臭の原因の1つです。

[ITmedia]
間違ったダイエットも体臭の原因に

 ケトン臭という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 糖質制限ダイエットをすると体臭がきつくなることがありますが、特にその臭いをケトン臭と言います。ケトン臭の原因について知っておきましょう。

ケトン臭の原因は?

 ご飯やパン、麺類などの炭水化物・糖質を制限することで痩せられる、というダイエット法があります。これを糖質制限ダイエットと言いますが、極端にエネルギー源となる糖質を制限すると、体は脂肪を分解して、糖質の代わりになるエネルギー源を作りだします。それがケトン体という物質です。ケトンにはアセトンという臭いを発生させる成分が含まれています。ケトン体が増えると、血液中にケトン体が吸収され、呼気や汗などにアセトンを含んだケトン体が混じり、体臭となるのです。

 ケトン臭は果物が腐敗したような、甘酸っぱい臭いがすると言われています。過剰な糖質制限ダイエットはケトン臭という体臭を生み出すのです。

ケトン臭を出さずにダイエットをするには?

 糖質制限を利用したダイエットでケトン臭を出さないためには、最初から極端な糖質制限をせずに、徐々に制限する量を増やしていくことです。体が慣れていくことで、原因となるケトン臭もひどくならないようです。

 また、ケトン体の濃度が高くなると体は酸性の状態に傾くので、アルカリ性の食品を食べることで、体臭が改善されます。バナナやホウレンソウ、ワカメなどの食べ物がいいとされています。さらにクエン酸を摂取することも、ケトン臭を緩和させると言われています。レモンやグレープフルーツ、梅干しなどを摂取するといいでしょう。

 バラの香りがするサプリメントなどを利用すると、口臭や体臭予防ができると言われています。サプリメントなどを使用するのもお勧めの方法です。

 ケトン臭はダイエット臭とも言われ、無理な食事制限と運動不足からくる基礎代謝の低下が原因です。食事制限だけに頼るダイエットは、脂肪酸を燃焼させずに、臭いも残すことになり、体臭をきつくするのです。それを防ぐためにも、運動が必要です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.