ハウツー
» 2015年07月19日 06時00分 UPDATE

iPhoneの電源が入らないとき確認すること

[ITmedia]
iPhoneの電源が入らないとき確認すること

 普通に使っているのに、ある日突然iPhoneの電源が入らなくなってしまうことがあります。どうして突然こうしたことが起きるのでしょうか。その原因と、電源が入る方法を紹介します。

 「壊れた!」と修理に出す前に、まず確認することがあります。それは、バッテリーがちゃんと充電されているか? という点。iPhoneはバッテリーの残量が少なくなると自動で電源がオフになり、電源が入らなくなります。

 iPhoneの電源が入らなくなってしまった場合の対処法は、まず充電してみること。スリープボタンを長押ししても電源が入らない場合は、まず充電器につないだLightningケーブルをiPhoneに接続して充電をします。MacやPCのUSBポートではなく、充電器につないだ方が早いのでお勧めです。数分すると自動的にiPhoneが起動します。

 バッテリーが原因でない場合は、リセット操作をすることで回復する可能性があります。iPhoneをリセットするには、Appleのロゴが表示されるまで、ホームボタンとスリープボタンを同時に10秒以上長押しする必要があります。

qa_img.jpg

関連キーワード

iPhone | 故障 | 質問 | 修理 | 画面


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!