まとめ
» 2015年08月01日 06時00分 UPDATE

自由研究のネタに困ったら まとめ方までガイドするお役立ちサイト

夏休みの宿題の定番「自由研究」。課題を設定し、実験や調査を通して確認したり学んだりしたことをまとめるという作業は、大人でも簡単ではありません。そんな自由研究に役立つサイトを紹介します。

[園部修,ITmedia]

 子供の夏休みの宿題のなかでも、毎年頭を悩ませるのが「自由研究」ではないでしょうか。子供自身にテーマを決めさせ、どうやって調査・研究し、どんな形で成果をまとめるか、すべてを考えなくてはいけないため、ついつい後回しにしてしまいがちな自由研究。結局夏休みの後半に、子供1人では手に負えなくなって、親も一緒に考える……、なんてことになる前に、今年は早めに取りかかりませんか。

 自由研究のネタ探しといえば、かつては図書館が定番でしたが、最近は書籍やムック、自由研究をテーマにしたWebサイトなどが多数用意されています。今回は、親の安心につながる、Webで手厚い情報提供をしている有力サイトを紹介しましょう。

学研キッズネット「夏休み!自由研究プロジェクト2015」

自由研究

 百科事典や学習参考書から趣味の実用書まで、「学び」に関する幅広い情報を提供する学研は、毎年この時期になると自由研究をテーマにした特設サイトを開設しています。2015年版の「夏休み!自由研究プロジェクト2015」では、500のテーマから主に理科系の研究が選べ、実施の手順や必要なもの、まとめ方などが解説されています。

 小中学生向けの教材を発行している学研だけに、至れり尽くせり度はさすがの一言。100円ショップにあるグッズを使った実験など、面白いテーマもあるので、一度のぞいてみるといいでしょう。

クックパッド「夏休みのたべもの自由研究特集2015」

自由研究

 料理のレシピサイトクックパッドでも、自由研究の参考になるWebページを開設しています。去年は料理で自由研究をすることがメインテーマでしたが、今年は「子どものやる気を引き出すこと」を主眼にテーマを拡充。食事や食べ物にまつわる研究テーマを、学年別や学科別に探せるようになっています。研究テーマは東京学芸大附属世田谷小学校の沼田晶弘先生が監修しており、料理に興味がある女子だけでなく、理科の実験が好きな男子も楽しみながら学べるようなテーマがそろっています。

 「つまんで持ち運べる水」「ラムネの作り方」など、クックパッドならではのレシピ付きのガイドが必見。好奇心と食欲の両方が満たせるようなテーマが興味深いです。

東京都立図書館「これならできる!自由研究 111枚のアイディアカードから選ぼう」

自由研究

 東京都立多摩図書館では、図書館らしくテーマを元に、参考図書を紹介するカード形式の自由研究ガイドを公開しています。おそらく司書の方がアイデアを出して作成している独自のコンテンツで、教科から探す、テーマから探す、読みたい本から探す、という3種のアプローチが用意されています。

 主に理科の実験や観察系のテーマが多いですが、社会、国語、生活・家庭分野のテーマも多いので、理科系ではない自由研究を探したいならとても参考になるでしょう。

企業の自由研究特設ページ

自由研究

 大手企業も、この時期の旬なテーマとして自由研究のテーマを紹介するページを公開しているところが多く見られます。例えば本田技研工業は、特に乗り物に関連するものに限らず、幅広いテーマを、複数の会社から教材提供を受けて紹介しています。キヤノンでは、光学機器メーカーらしく、光やレンズを主題にした自由研究のテーマを多数取り上げています。ダイキン工業も、エアコンのメーカーということで空気について学べるテーマをラインアップしています。食品メーカーのネスレは、食に関する研究テーマが集められています。

 ここで挙げた会社のほかにも、興味がある企業のWebページを探してみるといいかもしれません。特に子供向けのコンテンツを用意している会社は要チェックです。

App Store「夏休みの自由研究」

自由研究

 Webを検索しても出てきませんが、iPhoneからApp Storeを開くと、自由研究に役立つアプリの特集が掲載されています。「天体観測」「自然観察」「工作」「色々なまとめ方」というカテゴリーごとに、参考になるアプリや役立つアプリがまとめられています。研究するテーマ自体を提供している他のサイトとは異なり、あくまでも研究をするための参考になるアプリや、それを発表するための資料をまとめるのに便利なアプリを集めているのが特徴です。

 例えば生物の観察日記を付けるのに便利なアプリや、実験・検証の結果をまとめる「Keynote」や「iMovie」も掲載されているので、やりたいことがある程度決まってから見てみるといいでしょう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事