コラム
» 2015年09月06日 06時00分 UPDATE

自衛隊員のカロリー摂取量ハンパない!男前すぎるミリメシの魅力

陸上自衛隊といえば、いつも訓練中に戦闘食を食べているようなイメージがありますが、普段の食事は、一見、どこにでもありそうな定食スタイル。けれど、まさかの総カロリー量に「自衛隊員すげー!」と声を上げたくなります。

[石原亜香利,ITmedia]

 現在、日本全国各地に160以上ある陸上自衛隊駐屯地。日々、災害派遣や国際平和協力活動、教育訓練などに励んでいます。そんな大事な任務を行う自衛隊員たちは、毎日どんな食事をしているのでしょうか?

ts_milimeshi01.jpg 陸上自衛隊 広報チャンネルがYouTube上で公開している「ミリメシアワー

一日の総カロリー3200kcal!?

 自衛隊の食事は、各駐屯地の栄養士が考えた栄養バランスのとれた定食ものばかり。さばの味噌煮やコロッケ、マカロニサラダに、ご飯と味噌汁など、普通の社食によくあるメニューがそろっています。

 しかし、その一食のカロリーは1200〜1300kcal前後とかなりのもの! 三食食べれば当然、3000kcalは優に超えてしまいます。一日に必要な食事摂取量の推定カロリーは、成人男性で2500kcal前後、成人女性で2000kcal前後といわれているため、自衛隊員の場合、成人男性としては、約500〜700kcalほど多く摂取していることになります。

毎食、吉野家の牛丼特盛レベル!

 しかし、1200〜1300kcalの定食メニューといわれてもピンとこないものです。そこで、有名チェーン店の人気メニューの中で、同カロリーのメニューをイメージすると分かりやすくなります。

【参考】

  • 天下一品 こってり 並 949kcal
  • 吉野家の牛丼特盛 1063kcal
  • CoCo壱番屋のビーフカツカレー 1291kcal
  • フジパンのメロンクーヘン 1255kcal

 ちなみに、これらのカロリーを消費するのに必要な運動量は、階段昇降約4時間、ジョギング(120m/分)約3時間半、水泳(クロール)約1時間程度。

 自衛隊員はそれだけの活動を毎日行っているというわけです。ちょっとなまけたら一気に激太りしてしまいそうですね。

“ミリメシ”オタクもうなる戦闘糧食がシンプルすぎて男前

 もちろん、自衛隊員が食べているイメージが強い「戦闘糧食」も、災害派遣などの任務の際に食されています。野外で食べるときは、炊事専用の車内でまとめて湯煎にして食べるのだそう。陸上自衛隊 広報チャンネルは、YouTube上で「戦闘糧食ランキング」という動画を公開しており、30万回以上再生されています。

 気になるメニュー内容は、缶やレトルトパックに入った赤飯や鶏飯などのご飯ものの他、ハンバーグやコンビーフ、味付けまぐろなどのおかず類も充実。中には、たくあんの入った缶詰めまであります。いずれも至極シンプルで飾りっ気のない男前な内容。“ミリメシ”オタクもうなりそうですね。

 いずれにしても、これらも一食のカロリーは1000kcalを超えるもの。自衛隊の世界では、われわれとは食の感覚が異なるようです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事