ハウツー
» 2015年09月08日 06時00分 UPDATE

本職もお手上げ? Siriはなんとつぼ振りまでこなす

[ITmedia]

 時代劇などでよく描かれる賭け事といえば「丁半ばくち」。サイコロの出た目を予想して、それによって勝ち負けを決めるギャンブルです。この時のサイコロを振る担当を「つぼ振り」と呼びます。時代劇ではサラシを巻いて、着物を半分はだけて入れ墨を見せているような人物ですね。なんとSiriはこのつぼ振りまでこなしてしまうんです。

本職もお手上げ?Siriはなんとつぼ振りまでこなす

 試す方法は簡単。「サイコロ振って」と頼むだけで「丁か半か。4と6です。」などと言ってくれるんです。もちろん「2と4」や「4と5」といったほかの組み合わせも出ます。Siriの誕生により、現代の丁半ばくちの賭場にはつぼ振りは必要なく、コワモテのお兄さんが「ヘイSiri、サイコロ振って」と言うだけでゲームを進行できるようになってしまったのです。

ts_siri_img.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!