連載
» 2015年09月21日 06時00分 UPDATE

星6つ! サラダクラブ「ケールサラダ」をレビュー!

今回選んだのはサラダクラブの「ケールサラダ」(189円/税別、参考小売価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものだけを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのはサラダクラブの「ケールサラダ」(189円/税別、参考小売価格)だ。

ts_food0101.jpg

オススメ度(10段階評価)

star6.jpg

ケールをそのまんま食べる! 苦みなし! 食感はまさかの‟パリパリ”

 カット野菜である。まんま野菜である。今までの記事でもカット野菜を使ってはいたが、それは何かのトッピングとしてであって、まさかカット野菜そのものをレビューすることになるとは思わなかった。

 もちろん、そりゃあ生の野菜だって味に違いはある。産地も育て方も違う。普通の野菜ならそのあたりで比較すれば、なんとかなるかもしれない。

 だが「ケール」である。青汁の材料になる「ケール」である。青汁ならばともかく、ケールをそのまま食べたことなんてない。味をどう評価しろというのか。だが渡されてしまったのだ。渡されたからにはレビューするしかない。

 まずサラダクラブの公式情報の通り、ケール=青汁、そのため苦いというイメージが筆者にもある。正直、ドレッシングも何もかけずに食べたらおいしくないのではないか、と思った。

 うん、確かにおいしくない。食いしん坊の筆者でも、そのままで食べ尽すことはできない。だがそれは本品のせいではない。ほかの野菜サラダだってそのままでは味気ない。何かしらかけたくなるものだ。これは当たり前。

 むしろまず食感に意外な印象を受ける。ケールはパリパリの食感なのだ。葉の質感がやや硬い。かといって繊維質が残るわけでもなく、絶妙だ。もちろんアピールしている通り、苦みもあまり感じない。ほかの葉っぱ系野菜と同じレベル。ほうれん草やサラダ菜を食べられるのなら大丈夫。

 しかも本品はレッドリーフレタス、パプリカも入っており、この食感の違いが面白い。何かをトッピングして食べればおいしいだろうな、と思ったのでその話は次回(→サラダクラブ「サラダとあえるソース やわらかチキン」をレビュー!)。

ts_food0102.jpg

公式情報

ケールは栄養価が高く、キャベツと比較すると、カルシウムはキャベツの約 5 倍、食物繊維は約2倍、ビタミンCは約2倍となっています。青汁に使われることが多い野菜です。

「ケールサラダ」は健康や美容意識の高い 20〜30 代の女性をターゲットにしており、レッドリーフレタス、ケール、赤パプリカをバランスよくミックスしたサラダです。一般的に青汁などで使われることの多いケールを生のまま配合したサラダは珍しく、ケールの栄養を丸ごと召しあがりいただけます。

青汁に使用されていることから、苦味が強いイメージのあるケールですが、「ケールサラダ」には、苦味が少なくくせがない国産の“サンバカーニバル”というサラダ用の品種を使用しています。さらに、早摘みした葉を使用することで、柔らかく、生のままでもおいしく召しあがりいただけます。

栄養成分

熱量 13kcal
タンパク質 0.8g
脂質 0.2g
糖質 1.2g
食物繊維 1.4g
ナトリウム 3mg
カルシウム 58mg
0.8mg
βカロテン 1300μg
葉酸 68μg
ビタミンC 32mg
hc_rensai.jpg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事