ニュース
» 2015年10月09日 20時23分 UPDATE

医療・ヘルスケアの最新技術と先進事例を目の当たりに 「Health 2.0」11月4日、5日に開催

医療とヘルスケア分野のグローバルカンファレンス「Health 2.0」が11月4日から2日間に渡り開催される。日本では初の開催となる。

[板東太郎,ITmedia]

 医療とヘルスケア分野における最新テクノロジーとその活用事例を紹介するグローバルカンファレンス「Health 2.0 Asia - Japan」が11月4日からの2日間に渡って、日本で初開催される。「テクノロジーが、ヘルスケアをリデザインする。(Technology Redesigning Health Care)」をメインテーマに、医療とヘルスケアに関するさまざまなテーマでセッションが行われる。開催地は東京都港区虎ノ門の虎ノ門ヒルズフォーラム5F。参加料は有料。

Health 2.0 医療とヘルスケア分野では世界最大規模のカンファレンス

 「Health 2.0」は米カリフォルニア州で2007年にスタート。医療とヘルスケア分野におけるカンファレンスとしては世界最大級の規模がある。日本初開催となる本カンファレンスでは、米国、欧州、アジアのイノベーターと、ヘルスケア市場のキープレイヤーが一堂に会し、医療とヘルスケアを変革するイノベーションとコラボレーション、問題解決に向けたアクションについて議論が交わされる予定だ。

 カンファレンスはHealth 2.0の共同創設者、マシュー・ホルト(Matthew Holt)氏とインドゥ・スバイヤ(Indu Subaiya)氏の講演から始まり、国内外の登壇者による講演、パネルディスカッション、カクテルレセプションなどを行う予定だ。なお、すべてのセッションは日本語と英語の同時通訳で進行する。

 講師には、米国の体験共有型の患者SNS・リアルタイムヘルスリサーチプラットフォーム「PatientsLikeMe」のディレクター、リシ・バレラオ(Rishi Bhalerao)氏や、医師と患者のコミュニケーションの中でテクノロジーがどのような影響を与えるかといったテーマで講演する、元カイザーパーマネンテメディカルグループ シニアコンサルタントのチカモト・ヨウスケ医師(Yosuke Chikamoto, Ph.D.)などが名を連ねる。。

 参加申し込みはHealth 2.0 Asia - JapanのWebページから行える。

開催概要
イベント名 Health 2.0 Asia - Japan
開催日 11月4日(水)9:00〜19:00、11月5日(木)9:00〜17:00
会場 虎ノ門ヒルズフォーラム5F(東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5F)
参加料(税込) スタンダードレート 7万9920円、スタートアップレート 3万6720円(創業5年未満かつ資本金が2億円未満の企業)
主催 Health 2.0 LLC、メドピア

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう