コラム
» 2015年10月18日 06時00分 UPDATE

白い歯は自宅でも作れる! 簡単ホワイトニングのススメ

[ITmedia]
ts_B05.jpg

 ニコッと笑った時に、白い歯がキラリッ! そんな状況を目指して、せっせと歯科でホワイトニングをする人もいますが、そんなことをしなくても自宅でできるセルフケアで白い歯は目指せます。ここではステキな笑顔になるためのホワイトニングを紹介します。

なぜ年齢を重ねると、歯は白くなくなるのか?

 なんだかステキな人だなと思って話をしていて、ふと笑ったら歯が黄色で驚いたことはありませんか? タバコを吸っていなくても、毎日歯磨きをしていても、年々黄ばんでいくのが歯なのです。その黄ばみの理由は食べ物や飲み物。つまり日常生活を送っているだけで歯は変色してしまうのです。

 みんなが黄色くなるなら、それでいいんじゃない? と言いたいところですが、若い人は白い歯をキープしているわけで、黄色い歯は年寄りの証拠にもなってしまいます。これは何としても白さをキープしたいところです。

ちょっとした工夫でできる自宅で簡単ホワイトニング

 とはいえ、確かに白い歯には憧れるけど、歯医者にいってホワイトニングをするのは高額だし、「そこまでは……」と思っている人も多いはず。そんな人には、自分でできるホワイトニングをオススメします。もちろん時間をかけてゆっくり白くしていくしかありませんが、それほど手間がかかるものではありませんので、日常のお手入れの1つとして取り入れてみてください。

 まず基本となるのはブラッシングです。つまり歯磨きですね。ここでポイントとなるのは、歯磨き粉です。歯を白くする成分が含まれた歯磨き粉がたくさん売られています。ドラッグストアでも購入できるものが多く、価格も300円くらいからあるので、ぜひ探してみてください。

 例えば「ステインクリア」とか「ブライトケア」「ハイドロキシアパタイト配合」「ピロリ酸ナトリウム配合」などとうたっているものは、ホワイトニング効果が期待できます。

 そしてもう1つ利用したいのが、口内洗浄液。歯磨きだけでは落としきれない細かい部分の雑菌を落としてくれるので、ぜひ就寝前に使いましょう。口臭予防や虫歯予防にもなります。

 ほかにもホワイトニング用のガムなどもあります。でも実は、ガムよりも歯にいいものがあるのです。それはセロリやニンジンなどの生野菜。野菜をよくかむことで野菜が歯に直接当たり、表面の汚れをしっかり落としてくれます。野菜の表面はやさしいやすりのようなもの。だからかめばかむほど、歯がきれいになっていきます。意外に知られていない野菜の効能。ダイエットもかねて、食事の時に食べたいものです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.