ニュース
» 2015年10月20日 18時54分 UPDATE

スマホ連動ハブラシ「G・U・M PLAY」の歯みがきがしたくなる仕掛け

サンスターが、2016年春に発売予定のスマートハブラシ「G・U・M PLAY」の紹介ムービーとプロモーションサイトを公開した。

[板東太郎,ITmedia]

 サンスターは10月19日、スマートフォンに連動するハブラシ「G・U・M PLAY(ガム プレイ)」の紹介ムービーとプロモーションサイトを公開した。サイト上で登録できるメールマガジンなどを通じて、順次、販売開始の案内や予約受付を行う。製品は、2016年春に発売予定。

G・U・M PLAY スマートフォンアプリと連動することで、歯みがきをしながらニュースを確認したり、遊んだりできる

 G・U・M PLAYは、歯みがきを「やらなくちゃ」から「やりたい」に変えることをコンセプトに開発されたスマートハブラシ。同社の「ガム・デンタルブラシ」など、一般的な歯ブラシのハンドル部に、アタッチメントを取り付ける形で利用する。アタッチメントにはBluetoothが搭載されており、スマートフォン用G・U・M PLAYアプリと連動することで、加速度センサーでハブラシの動きを認識。LEDの点滅状況でステータスが確認できる。

 基本機能の「MOUTH LOG」では、歯みがき中の動きや経過時間などのデータを記録。みがくときのクセが把握できるので、よくみがけていない場所の確認が行える。この他にも、スマートフォンと連動する3つのアプリ「MOUTH BAND」「MOUTH NEWS」「MOUTH MONSTER」を用意。

G・U・M PLAY MOUTH BANDアプリ

 MOUTH BANDは、音楽にあわせて歯みがきを楽しむアプリで、楽曲にあわせて歯みがきするモードと、みがき方に合わせて音楽を奏でるモードを用意。演奏後はムービーを保存して、シェアすることも可能。

G・U・M PLAY MOUTH NEWSアプリ

 MOUTH NEWSは、歯みがき中にニュースを読み上げるアプリ。さまざまなニュースに対応し、読み上げる内容をカスタマイズすることもできる。気になったニュースを保存して、通勤電車の中などで読むことも可能だ。

G・U・M PLAY MOUTH MONSTERアプリ

 MOUTH MONSTERは、口の中の菌をキャラクター化したモンスターと戦うゲーム形式で歯みがきの方法を学ぶ知育アプリ。ハブラシを移動させながら歯をみがくことで、モンスターを退治することができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事