コラム
» 2015年10月21日 06時00分 UPDATE

1分で完成!冷え症に悩む人にオススメのドリンク&鍋レシピ

[ITmedia]
ts_B09.jpg

 冷えは女性特有の悩み――というのは過去の話。最近は男性の中にも冷えで悩む人が増えているようです。どんどん気温が下がるこの季節、ちょっとの工夫でしっかりあったまる、カンタン冷え対策メニューで寒さに備えましょう。

冷えは万病の元 だから早めにカラダの中からしっかりあたためる

 カラダが冷えると血の巡りが悪くなり、手先足先に血液が十分に行き届かなくなります。冬になると、「寝たいのに、足先が冷えて寝られない」と悩む人も増えますが、これは足の中の血流が悪くなっている証拠です。

 この血流の悪さは、本来であれば体内を巡ってうまく排出されるはずの老廃物をその場にとどまらせてしまいます。そのためさまざまな病気の原因になるといわれ、「冷えがつらい」と感じる以上に、体内はつらいことになっているのかもしれません。

 こうなると体の外から温めるだけでは十分ではなく、体内からググッと温度を上げる必要がでてきます。そのために試したいのが、冷え対策フードたち。いつものドリンクやお料理に、ちょっと手を加えるだけで冷え対策メニューになるものを集めましたので、ぜひカラダの中からぽかぽか温まってくださいね。

簡単に用意できるドリンク&フード

 ではまず、ドリンクから紹介します。あまり手間がかかるものはめんどうなので、1分以内でできるものを中心に紹介します。

 ここでキーとなるのは、生姜です。冷え対策の定番で、食べた直後から体がぽかぽかしてきます。しかもチューブ入りの生姜が市販されているので持ち運びもでき、いつでもサッと使える優れものです。

ジンジャーミルクティ

 名前の通り、ミルクティにチューブの生姜を入れてでき上がりです。生姜のスパイシーさ強いので、ミルクティは甘めにするのが正解です。できることなら牛乳を使った方がまろやかな甘みが出ておいしくなります。

はちみつジンジャー

 これはチューブの生姜とはちみつをお湯で割るだけという、とにかく簡単ドリンクです。自分好みの甘みと生姜のベストバランスを見つけるとはまります。甘みを強めにするのがポイントですが、どうしても苦手という人は、レモンを入れるとグッと飲みやすくなります。

 続いてはお料理。 当然ながら生姜は多くの料理にあいます。煮ても焼いてもいためてもおいしいのですが、ここではもっと簡単な一品をご紹介。それは「一人鍋」です。家族で食べるときは量を増やせばいいのですが、パパッと一人前でも作れるので、あえてここでは一人鍋と呼びます。

 用意するのは、好みの具材と生姜、これにキムチと生卵です。作り方は至って簡単。鍋にキムチと生姜、その上に好みの具材を入れます。そして具材の高さまで水を入れ、真ん中にくぼみを作って卵をポン。フタをして煮るだけです。

 キムチと生姜で味がつくので、そのままでも十分おいしく食べられますが、もの足りないときは塩かしょうゆをちょっと足します。ジンジャーパワーとキムチのカプサイシンのダブル効果で、カラダがぽかぽかになりますよ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事