コラム
» 2015年11月09日 06時00分 UPDATE

イケメンはなぜいい匂い?思わず女性が笑顔になる男の香り術

[ITmedia]

 いい女はいい匂いがすると言いますが、それと同じように、多くの女性が「いい男はいい匂いがする」と言っています。香水の強すぎる香りは敬遠したい女性も、思わずクンクンしたくなる、イケメンと感じさせるための「さりげない香り術」を紹介します。

ts_B06.jpg

いい香りは歓迎されても、香水の強い香りは嫌われる

 女性の鼻は男性よりも敏感といわれています。特に日本人は体臭が少ないために、強い香りを振りまく人のそばでは気分が悪くなったり、嫌悪感を抱いたりします。そのため男性が身だしなみのつもりで香水を使っていても、「やりすぎだ」と判断され、「何カッコつけてんの?」と言い放たれてしまうのです。

 では無臭がいいかというと、そうではありません。そばに寄った時にふと匂ってくる、さりげない香りは気分を高揚させ、一気に「身だしなみに気を遣うイイ男」と株を上げてくれます。女性の心の中には、「男性には汗臭い人が多い」という決めつけを持っている人も少なくないので、期待の低い中でのいい香りは実に効果的。

シャンプーとボディケアでさりげない香りを演出

 では、どうすれば「さりげなくいい香り」を出せるのでしょうか?

 その代表例がシャンプーやボディソープです。カラダを洗うのは、汚れを落とすのに必要なことですが、少しフレグランスが強いものを使うことで、自然にいい香りを出すことができます。またシャンプー後に使うリンスやお風呂上りにボディローションを使うのもいい手段です。

 ほかにも整髪料や制汗スプレーに気を遣うこともできます。これであれば、仕事中でも付け足すことができるので、一日中いい香りをまとい続けることができます。

 それでは物足りない、という人は柔軟剤を工夫することをオススメします。最近は実にたくさんの種類が発売されていて、香りも強くなっています。中には「1日中香る」とか、「こすれば香りがよみがえる」というものもありますので、ドラッグストアに足を運んで、好きな香りを見つけてください。ちなみに柔軟剤を使うと、それを干している部屋中をいい香りにすることができます。女性が来る可能性がある方は、ぜひ!

一番やってはいけないのは、香りのケンカ

 いい香りを演出しようと必死になるあまり、複数の香りがごちゃごちゃになってしまい最悪の結果を招いている人もいます。ボディソープ、シャンプー、リンス、制汗剤、整髪料、柔軟剤ととにかく香りの強いものを選び、さらにいい香りのするガムをかみ、近づくと何ともいえない複雑な香りが……。

 どんなにいい香りでも、それが複数組み合わさってしまうと臭くなってしまいます。努力は全て水の泡。そんな切ないことにならないように、香りをコントロールすることも忘れないようにしましょう。あれもこれもと統一感のない選択をするのではなく、石けんの香りに統一とか、シトラス系でまとめるといった方向性を決めておくことが重要になります。

 さりげない演出は香水をつける以上に難しいことですが、イケメンになるには必要な努力。ぜひ自分らしい香りを見つけてほのかにまとい、待ち行く女性を振り向かせてくださいね。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.