コラム
» 2015年12月15日 06時00分 UPDATE

眠れぬ夜に! コンビニで買える快眠アイテムはコレ

布団に入っても、なんだか目が冴えて眠れない……。そんなとき、ちょっと外に散歩に出て、コンビニにでも行ってみるのも一つの方法です。

[石原亜香利,ITmedia]

 眠れない夜、ちょっと近くのコンビニエンスストアへ散歩にでも出かけて、快眠アイテムをゲットしてみるのも良いのでは。ただし、コンビニの照明は非常に明るいため、睡眠の妨げになることも。ある工夫をして出かけましょう!

コンビニで買える快眠アイテム

眠れない夜はちょっと散歩を

 眠れないときにやってはいけないことといえば、無理に寝床に入って寝ようとすること。余計に眠れなくなってしまうといわれています。そんなときは、ちょっと体を動かしてみるのがおすすめ。人間には月明かり程度の光が、寝るときには理想的といわれています。安全面は確保しつつ、散歩に出るのもいいでしょう。

 その際、ちょっとコンビニに立ち寄って、次のような快眠アイテムをゲットするのもいいかもしれません。

コンビニで買える! 快眠アイテム

アイマスク/ホットアイマスク

 使い捨てアイマスクが売られていることもありますが、置いてないところも多いようです。その点、蒸気で温めるタイプのホットアイマスクは比較的置いてあることが多いので、活用してみましょう。

ハーブティー

 心地良く眠りにつくために大切なのは、できるだけリラックスすること。リラックス効果のある飲み物といえばハーブティーです。コンビニではハーブティーのTパックなどを探してみましょう。カフェインが入っていないため、覚醒する心配もなく安心して飲めます。カモミールやジンジャーなどにリラックス効果があるといわれています。

カフェインレスコーヒー

 カフェイン入りのコーヒーや紅茶、緑茶は、その覚醒作用から余計に眠れなくなってしまうので避けるべきです。とはいえ、コーヒーの香りにはリラックス効果が実証されているため、香りをかぐのは有効。カフェインレスコーヒーを探してみるのもいいでしょう。

アロマの香りのする入浴剤

 リラックスするために有効な方法の一つが、入浴や足湯。ぬるめの湯にのんびりつかり、じわじわ体温を上げてリラックス状態を作ると、眠りに入りやすくなるといわれています。また、さらにリラックス効果を上げるには、アロマの香りを楽しめる入浴剤を使用すること。コンビニで扱っていることもあるので、ぜひ探してみましょう。

コンビニエンスストアの明るい光に注意!

 ただし、夜にコンビニに訪れる際には注意点があります。それは、コンビニの照明は非常に明るいため、眠りを誘うホルモン「メラトニン」に大きく影響するといわれていることです。メラトニンは光によって分泌が減るため、寝る前に強い光を浴びると、眠りの妨げになってしまうのです。よって、コンビニに立ち寄る際にも長居することは避け、必要なものをサッと買って出るようにしましょう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事