連載
» 2015年12月17日 06時00分 UPDATE

星6つ! おくさま印「白米稔りの輝き 10kg」をレビュー!

今回選んだのはおくさま印(幸南食糧/販売:パセオ)の「白米稔りの輝き 10kg」(2235円/税込、店頭価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものだけを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのはおくさま印(幸南食糧/販売:パセオ)の「白米稔りの輝き 10kg」(2235円/税込、店頭価格)だ。

tb_food_0701.jpg

オススメ度(10段階評価)

star6.jpg

Amazon食品ランキング上位の格安お米 その味は……おかず必須?

 今回のレビューは米、ご飯である。しかも10キロ。だがお値段はお安い2235円だ。複数の産地の米を使っているとはいえ国内産10割というから、この情報だけなら相当安く感じる。事実、筆者が購入したときにはAmazonの食品全体のランキングで7位という、すさまじい好成績である。無論、米のなかでは1位。

 ごはん党なら、毎日食べる米。当然安くしたい。だが毎日食べるものである。果たして味はどうなのか。

 まず見た目だが、写真のせいで生米も、炊いたご飯もかなり黄色く感じるが、実際はやや黄色かな、くらい。米1粒1粒を見ると白いが、集まると黄色っぽく見える。

 食べてみると、さすがに“ササニシキ”で育ち、“ひとめぼれ”で故郷を思い、ときにパッケージのキャラクターがかわいいというだけで“きぬむすめ”を買っている筆者である、そう簡単に満足はしない。

 食べるとまず米の甘みが足りない。次に粘りも足りない。このへんは水加減や炊飯器次第かもしれないが、いつも通りの筆者の炊き方では、いまひとつである。ご飯がややぱらつく感じも気になる。

 だがこれらはご飯だけを食べているから。これにまずアジとイカの刺身を加えてみると◎。ならばしらす干しをのせてみると……◎。ふふふTKG(卵かけご飯)ならどうだ! と試したが◎。

 いやあどれも非常によく合う。ま、どんなご飯でもそうなのだが、しかし本品はご飯が主役にならない、おかずを引き立てるご飯といえるかもしれない。

 ただ、ちょっと気になるのが、毎日のように食べているとジワジワと「ご飯に何か足りない」感が、食べていなくとも常に芽生えてくる。上述の気持ちが毎日積み重なってくるからか。

 だからこそ玄米や雑穀米と一緒に炊く、といった方法が良いかも。本品だけではヘルシーとはいえなくとも、節約しつつヘルシーに、という人にはベースとなる食品となるだろう。

tb_food_0702.jpg
tb_food_0703.jpg
tb_food_0704.jpg

公式情報

幸南食糧が自信を持ってアマゾン専用でブレンド配合した最もお買い求めやすい商品です。ブレンド配合はその時々の品質及び価格を吟味して仕上げておりますので表示には明記しておりません。おかげさまで皆さまの評価も良くご愛顧いただいております。是非一度ご賞味いただきますよう宜しくお願い申し上げます。
厳しい品質基準をクリアした安心安全な原料玄米のみを使用しております。

栄養成分

なし

hc_rensai.jpg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう