連載
» 2015年12月24日 06時00分 UPDATE

星4つ! 日新製糖「カルシウム糖」をレビュー!

今回選んだのは日新製糖の「カルシウム糖」(328円/税込、店頭価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものだけを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのは日新製糖の「カルシウム糖」(328円/税込、店頭価格)だ。

tb_food_0701.jpg

オススメ度(10段階評価)

star4.jpg

クリスマスに、正月に、砂糖の代わりにカルシウム糖! ……の時代はこない

 砂糖にとって受難の時代である。そもそも今の時期、クリスマス需要で相当砂糖は活躍するはず。だがヘルシー志向の今、目の敵にされ、真っ先に排除される調味料が砂糖である。人類が求め、欲しがり、ついに安価に提供されるに至ったというのに、今度は不要だ、と。まったく人類というやつはわがままである。

 そんな時代に砂糖業界の雄・日新製糖は大胆な手を打っている。「砂糖にカルシウムを入れよう」というのである。ド直球というか分かりやすいというか安直というか(言っちゃったよ)。

 だが面白い。試したくなるではないか。使ってみたくなるではないか。というわけで、クリスマスの時期ということもあってケーキ作りを……というのは無理なので、プリン(とカラメルソース)を作ってみた。無論、普通の白砂糖でも作っている。砂糖、卵、牛乳だけでできるから比較対象として分かりやすいのだ。分量、調理手順はほぼ同じ(左がカルシウム糖、右が白砂糖)。

 結果、写真を見れば分かる通り、両方とも完全に失敗したわけだが、これは崩れているだけで味への影響は軽微である。結論を述べると、白砂糖のプリンのほうがうまい。悲しいけれどそれが事実。

 カルシウム糖は甘さが抑えめで、プリンを作ると卵の味が結構強く、甘い玉子焼きに近くなる。カラメルソースも固まりやすいようだ(これは手順の問題もありそうだが)。

 だがこの甘さ控えめ、というのは見方によっては、現代人向け砂糖らしい、ともいえる。なんだか本末転倒だが。もっとも人工甘味料もたくさんあるなか、カルシウム糖を買う必要があるのかどうか。やっぱり砂糖にとって難しい時代である。

tb_food_0702.jpg
tb_food_0703.jpg

公式情報

「日本人に不足がちな栄養素」としてカルシウムがクローズアップされ、高齢化社会を迎えて骨粗しょう症など骨への関心が高まるのを背景に、開発したお砂糖です。カルシウム糖大さじ一杯(10g)あたり、50mgのカルシウムと10mgのマグネシウムを含んでいます。

栄養成分

熱量 391kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 97.8g
ナトリウム 2.2mg
カルシウム 512mg
マグネシウム 105mg
hc_rensai.jpg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.