コラム
» 2016年01月18日 06時00分 UPDATE

忍者が食べていた「兵糧丸」実は精神安定剤だった?

戦国時代に存在していたという忍者。今回は忍者の代表的な食事を紹介します。

[石原亜香利,ITmedia]

 忍者といえば、いつもさっそうと影で動きまわっていた存在。よく時代劇などでも登場しますが、彼らは実際、どんなものを食べていたのでしょうか? 今回は、忍者が食べていたといわれる「兵糧丸」についてご紹介します。

忍者

忍者はどんなものを食べていた?

 忍者といえば、あまりゆっくりと食事をとるイメージはありませんが、やはり求められるのは、サッと一口で食べられる手軽な料理。携帯用の食糧を自ら作って、効率的に栄養をチャージしていたといわれています。ときには断食することもあったようですが、やはり、エネルギーチャージは必要。食べやすい携帯食として、伊賀の忍者の忍術がつづられた書物に「兵糧丸」と呼ばれる携帯食の作り方が記されています。

忍者飯「兵糧丸(ひょうろうがん)」の中身って?

 兵糧丸は、餅米やうるち米、蓮肉(れんにく)、山薬、桂心、ヨクイニン、人参、氷砂糖などを全て粉末にしてから水で練り上げ、団子にして蒸したもの。直径1センチほどの小さな団子で、これを何個か食べ、栄養補給をしていたと考えられています。

 中でも、蓮肉は漢方薬に用いられる生薬の一つ。ハスの果実であり、沈静・滋養強壮効果があるといわれています。また、山薬は、ナガイモの皮を除いた根茎を乾燥したもの。こちらも滋養強壮、緊張緩和などの作用があります。また、桂心もヨクイニンも人参も、類似の効能があるといわれています。兵糧丸はお腹を満たすだけではなく、精神面にも効果があったようですね。

2つのタイプに分かれる? 気になる味は

 三重大学の伊賀研究拠点副所長である久松眞氏のレポートでは、兵糧丸は構成成分から、精神力を持続するタイプと体力消耗対策タイプに分かれているそうです。

 味は氷砂糖を入れているため、思ったよりおいしい「砂糖の塊」とのこと。

 忍者はひそかにこの砂糖菓子のような携帯食を口に含み、活力を得つつ、精神的にも沈静していたようです。機会があったら、食べてみたいですね。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.