コラム
» 2016年02月02日 06時00分 UPDATE

料理初心者が最低限知っておきたい調理法3選

缶詰や混ぜるだけの料理、電子レンジ調理など料理超初心者でも簡単にできる調理法をご紹介します。

[石原亜香利,ITmedia]

 料理に興味はあるけれど「なかなか自宅のキッチンに立つチャンスがない」「料理をするのがちょっと面倒」と日ごろから感じていませんか? 確かに平日だと仕事が忙しくて料理をする暇がないかもしれません。今回はそんな忙しい料理超初心者さんにおすすめのコツを伝授します。

料理

1:「出すだけ料理」で簡単!

 まず、料理が苦手な人が家に知人や友人を呼んで「家飲み」をするときには「出すだけ料理」がオススメです。缶詰をお皿に出して盛り付けるなど、ご飯やパスタに乗せるだけの方法でとても楽です。グルメ志向のおつまみ缶詰はスーパーなどでも多く売っているので、おしゃれな器にサッと出して盛り付けるだけで、立派なおつまみになります。

 オイルサーディンやさんまのかば焼きなどの缶詰を使っておつまみにしたり、ご飯の上に乗せて丼ものにしたりというのも、料理が苦手な人にオススメです。フライパンで火を通す時間があれば、ご飯とさんまのかば焼きなどを一緒にいためて、チャーハンにするのもいいでしょう。ネギや海苔などをトッピングするとより深みが出ますよ。

2:「電子レンジ」でお手軽調理

 忙しいときは、電子レンジでチンするだけでできてしまう料理だと楽ですよね。電子レンジは、玉ねぎをあたためてしんなりさせたり、塩コショウを振った豚肉を耐熱皿に入れてあたためたりすれば、あっという間に一品作ることができますよ。

 うどんなどのめん類をトマトやツナの缶詰の中身と一緒にあたためれば、主食も味わえます。

3:「炊飯器」で本格料理を

 炊飯器にお米と具材をドボンと入れてそのまま炊飯するだけで、炊き込みごはんができてしまうレシピもあります。「忙しくてもお米が食べたい!」と思ったときは炊飯器を上手に活用して炊き込みご飯を作ってみましょう。

 オリーブオイルとトマトを丸ごと入れて炊いたり、ツナ缶やコーン缶などの缶詰、玉ねぎやにんじん、タケノコの水煮などを入れて炊き上げたりすると、本格的な炊き込みごはんができますよ。

 料理初心者さんはこの3つのポイントをおさえておきつつ、ちょっとした手料理から始めてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!