コラム
» 2016年02月03日 06時00分 UPDATE

えっ節分には大豆じゃないの?地方によって差がある理由

節分といえば「豆まき」ですが、地方によって種類が異なります。

[石原亜香利,ITmedia]

 「鬼は外! 福は内!」幼い頃より、毎年のように2月3日になれば豆をまき、邪気を払うと同時に福を呼び寄せる風習を行ってきた人は多いですよね。

 当たり前のように思えますが、実はまく豆の種類は地方によって異なるのです。

節分

豆まきの定番の豆は?

 一般的に節分の日にまく豆は「炒った大豆」。大豆はあらかじめ升に入れて、神棚に供えておき、鬼が訪れる日が暮れてからまくというのが風習です。その年の年男、もしくは一家の主人が「鬼は外、福は内」の掛け声を担当して、家族みんなで豆をまきます。

落花生をまく地域も!

 全国各地で行われる節分の行事のうち、北海道、東北地方、新潟県などは「殻つきの落花生」をまくのだそうです。

 一方、大豆をまくのは茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県といった北関東地方、及び東海から以西です。長野県は、大豆をまく家庭、落花生をまく家庭、それぞれ両方混在しているようです。

 ちなみに節分に落花生をまくのが始まったのは、昭和30年〜40年代の北海道が発端といわれています。落花生を選ぶ理由は「衛生面で大豆よりも安心である」「食べやすくおいしい」「拾いやすく片付けやすい」という大豆と比べた優位性が魅力のようですね。

お菓子やお金をまく地域も!

 節分には、大豆や落花生だけではなく、チョコレート、キャンディーなどをまく地域やお金や餅をまく地域もあります。公民館で行う子ども向けのイベントなどは、お菓子をまくことも多いそうですね。地方によってさまざまな楽しみ方がある節分、皆さんはどんな一日を過ごしますか?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう