連載
» 2016年02月15日 06時00分 UPDATE

星7つ! 江崎グリコ「ポッキー かさね抹茶」をレビュー!

今回選んだのは江崎グリコの「ポッキー かさね抹茶」(149円/税込、店頭価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものだけを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのは江崎グリコの「ポッキー かさね抹茶」(149円/税込、店頭価格)だ。

tb_food_0101.jpg

オススメ度(10段階評価)

star7.jpg

1本1本に確かな抹茶感 そして束ねて食べよ、茶の苦みが生きている!

 ……バレンタインデー直前にこの記事を書いているわけですが。どうですか、氏ねばいいんじゃないですか。じゃなかった、盛り上がってますか?

 そんな菓子業界に毒されたあなた……ではなく、チョコをもらえる(もらえた)魅力あるあなた、チョコを渡す(渡した)勇気あるあなた、そして“ご褒美チョコ”と称して自分でたらふくチョコを食べているあなた、さらには筆者と同類の(詳しくは申さぬ)あなたへ、2016年早春の菓子業界のトレンドを申し上げますと、間違いなく“抹茶”ですよ。

 バレンタインのこの時期に、近所のダイエーに抹茶菓子コーナーができるほど抹茶勢力拡大しておりますよ。

 ただ抹茶系菓子が本当にヘルシーなのか! という点は鋭く追及されるべきですね。やつらはねえ、“抹茶”しかうたっていない。そこに健康感をうたうキャッチコピーなどみじんもない。だが人は“抹茶”の文字を見て、なぜか「=健康」をイメージしてしまう。まずそんなことは忘れましょう。連載終了です。

 ……さて、そんなわけでしばらく抹茶味が多くなりますが、先頭を切るのはポッキー。実はご当地ポッキーとして近畿地区で宇治抹茶味が発売されているそうですが、こちらは全国区。

 もうね、1本1本から濃厚な抹茶の香りがします。普通、抹茶系菓子は抹茶と言っても甘いだけだったりしますが、ポッキーは違います。1本1本にほんのわずかですが、舌を引っ張るようなお茶の渋みが残っている。さすがです。

 無論、ポキッとサクサクの食感で、抹茶と言ってもチョコですから、基本はチョコレート菓子ですよ。ただ、そこで何本も束ねて合わせ食いをしてください。気付きましたか? なんと苦みがあるんですよ!

 すごいですね。この1本1本に確かに抹茶のなにかしらの成分が残りつつ、ポッキーとしての味も維持している。「ほろ苦い」ではなく、ほーーーーんのわずかに渋み、苦みがあるだけ。この繊細な味の作り方。感服です。ただ繰り返しますが健康、ヘルシーとは違うと思いますけど。

tb_food_0102.jpg

公式情報

渋みのきいた抹茶を練り込んだプレッツェルに、うま味のある抹茶を使用したチョコレートをコーティング。2種の宇治抹茶を重ねたおいしさが味わえます。

栄養成分

熱量 164kcal
タンパク質 2.6g
脂質 7.1g
炭水化物 22.3g
ナトリウム 37mg
hc_rensai.jpg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事