連載
» 2016年02月16日 06時00分 UPDATE

星7つ! でん六「あずき甘納豆チョコ(抹茶)」をレビュー!

今回選んだのはでん六の「あずき甘納豆チョコ(抹茶)」(119円/税込、店頭価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものだけを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのはでん六の「あずき甘納豆チョコ(抹茶)」(119円/税込、店頭価格)だ。

tb_food_0301.jpg

オススメ度(10段階評価)

star7.jpg

数粒一気食いがオススメ! 見た目不安も絶妙なバランスが面白い!

 失敗しましたね……。これは節分のタイミングに出すべきでしたよね。「節分」「でん六」そこに「抹茶」というキーワードも加わればね、2016年2月上旬ならPV数相当期待できましたよ。誰もがそう思う。

 しかし出会いが早すぎた。これ2015年の12月に買ってましたから。塩漬けレビューですよ。で、当時「節分の頃に出せば盛り上がるぞぉ〜」などと獲らぬ狸の皮算用。揚げ句、本品の存在を忘れる、というね。そんなレビューが山のようにあります。どうですか、この非効率で無駄な作業。現代では貴重ですよ。

 さて本品ですが、「甘納豆チョコ」ですから、相当濃厚な甘さが予想される。当然不安にも駆られる。そこに「抹茶」ですから。前回のエリーゼを思い出しますね。

 が、そこはでん六ですよ。「マメに生きる」とうたい、豆のスペシャリストたちが夜な夜な究極の豆菓子を開発しているという魔窟ですから、人を魅了します。

 1粒1粒は実によく合っている。甘納豆として成立している。甘さがずっと残る。ただこの1粒だけを食べる方法では、抹茶感、健康感を植え付けることはできない。そこで“ぐわしっ”と数粒一気食い。

 これが抹茶感すごいの。渋み、苦みが突然現れ、そして甘さとともに舌に残る。甘さ、渋み、苦みが同時に残る、というのは不思議ですよ。ほんと。そして遊び心のような面白さがある。毎日食べたら飽きる、けどたまにアクセントとしてあると絶大な効果を発揮しそうです。

tb_food_0302.jpg
tb_food_0303.jpg

公式情報

北海道十勝産の「小豆甘納豆」にホワイトチョコをコーティング。上品な宇治抹茶パウダーで仕上げました。

栄養成分

熱量 175kcal
タンパク質 2.0g
脂質 6.5g
炭水化物 27.1g
ナトリウム 16mg
hc_rensai.jpg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!