コラム
» 2016年02月17日 06時00分 UPDATE

低カロリーでまろやか!「豆腐クリーム」にハマる人が続出する理由

レシピサイトやテレビで話題の「豆腐クリーム」。普通の生クリームと比べて、どのような違いがあるのでしょうか?

[石原亜香利,ITmedia]

 クリームソースといえば生クリームや牛乳など乳製品が多く使われており、カロリーも高くなるため、ダイエット中の人は避けるべきといわれています。けれど、たまには濃厚でコクのある味わいが欲しいですよね。

 そんなときに使えるのが「豆腐クリーム」。今回は「豆腐クリーム」の基本的な作り方やアレンジ術を紹介します。

豆腐クリーム

今注目を集めている「豆腐クリーム」って?

 「豆腐クリーム」とは、豆腐をフードプロセッサや泡立て器などで滑らかな状態にして、レモン汁とはちみつだけを加えて作るクリームです。レシピサイトに投稿され、TBSの番組「あさチャン!」で取り上げられてから、一気に話題になりました。

 一番の魅力は、生クリームの代わりに豆腐を使うことでヘルシーになること。生クリームは市販の200ml入りパックだと784kcalと高カロリー。それに比べ、豆腐は一丁でおよそ150〜200kcalとかなり低カロリーです。

 豆腐独特のくさみも、レモン汁を加えればしっかり消せるようです。そこに、はちみつで少しだけ甘みをつければ、おいしくて低カロリーな豆腐クリームが完成します。

 豆腐クリームに塩を加えて野菜ディップにしたり、パンケーキに乗せたり、グラタンソースに代用したりと、活用の幅も広いです。

「豆腐クリーム」のレシピ

 豆腐クリームの作り方はとても簡単。買ってきた木綿豆腐、もしくは絹ごし豆腐一丁を、まずはキッチンペーパーなどに包んでしっかりと水切りし、泡立て器やフードプロセッサで砕いた後、最終的にクリーム状になるまで混ぜていきます。

 レシピサイトでは、はちみつとレモン汁のみで作られたシンプルものが多いです。味付けは好みによりますので、牛乳、顆粒スープの素、塩コショウで味をつけて料理に活用する人もいるようです。

アレンジ方法はさまざま

 豆腐クリームに白味噌、はちみつ、黒酢を混ぜて、マヨネーズの代用として使うことも可能です。また、大人向けのおつまみアレンジとしては、ブイヨンやだしの素、アボカドやワサビ、にんにくなどを加えて、魚料理のソースに使ったり、野菜やエビにあえたりする方法もあります。

 ヘルシーなだけではなく、アレンジも楽しめる豆腐クリーム。ぜひチャレンジしてみてください。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事