ニュース
» 2016年02月18日 06時00分 UPDATE

健康を増進して、Tポイントももらえる トーンモバイルの「持っているだけで健康になるスマホ」とは (2/2)

[園部修,ITmedia]
前のページへ 1|2       

さらにインセンティブとしてTポイントを付与

 どんなに健康にいいとはいっても、こうしたコツコツ系の運動を毎日続けるのには、かなりのモチベーションが必要です。活動量計メーカーなどに話を聞いても、継続率の維持、つまり使い続けてもらうことのハードルがかなり高いといいます。トーンモバイルは、そこに得意のTポイントを付与するというアイデアを出してきました。

トーンモバイル ライフログ 20分の中強度の運動と8000歩の歩行を達成すると毎日1ポイントずつTポイントが増える

 1日当たりはや歩き20分と、歩数8000歩を達成すると、その時点でTポイントが1ポイント付与されます。たかが1ポイント、と思うかもしれませんが、1カ月で30ポイント、10カ月続けば300ポイントです。またトーンモバイル 代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏によると、体育の日にポイントを増量したり、ポイント5倍の日を設けたり、といったキャンペーンも予定しているとのこと。青胗先生からは「冬場は約2000歩ほど歩数が減るという統計がデータがあるので、ぜひ冬はポイントを3倍とかに増やしていただけるといいですね」というアドバイスも飛びだし、石田氏も検討すると話していました。

収集した健康データは研究目的でも利用

 ライフログアプリで収集したユーザーの健康データは、基本的にはアプリ内に保存されていますが、ユーザーが許可した場合、クラウドサーバへアップロードして、青胗先生との共同研究にも利用するとのことです。これまでの研究の成果と、アプリで取得した情報を組み合わせて分析することで、今後は運動の助言を行ったりもしていく計画です。ユーザーのニーズに基づき、「生活相談のようなサービスもして行けたらいい」と石田氏は言います。

 なお、収集したデータを活用して別のビジネスをしたり、といったことは現時点では計画になく、あくまでもTONEの付加価値として考えているのことです。


 スマホアプリや活動量計を利用して健康管理を行う、あるいは健康増進に努める、という点は、これまでの他社のサービスと大きく変わる点はあまりありませんが、医学的な根拠に基づいて目標を設定し、達成できたらインセンティブがある、というモデルには目新しさがあります。Tポイントを1日1ポイントもらえるだけでモチベーションが維持できるかどうかは未知数ですが、少なくとも続ける利点や理由にはなるので、興味深い取り組みです。

 スマホアプリと組み合わせて、例えば特定の場所まで行ったらポイントアップ、目標連続達成でポイントアップ、といった仕組みなどを取り入れていくと、より強い動機付けになることは間違いありません。ユーザーがどれくらいのペースで増えるのか、継続率にプラスの変化は見られるのか、今後の展開にも注目したいサービスといえます。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう