コラム
» 2016年02月21日 06時00分 UPDATE

コーヒーにちょい足しするとおいしくなる意外な“◯◯”とは?

「塩」はただしょっぱいだけではなく、あらゆる食材の「うま味」を引き出す力があります。塩をちょい足しするだけでおいしくなるものをご紹介します。

[石原亜香利,ITmedia]

 コーヒーが好きで毎日飲んでしまう人も多いのではないでしょうか? 砂糖やミルクを入れる人もいるかと思いますが、「塩」をちょい足しすることで、コーヒーがもっとおいしくなることを知っていますか?

 塩は味付けに必要なだけではなく、多様な働きを持っています。例えば、漬け物。塩でもむと野菜がしんなりするのは、脱水作用があるからです。また、塩は料理のうま味を引き出す重要な役割があるともいわれます。

コーヒー 塩

コーヒーに塩を入れるとおいしくなる理由

 コーヒーに塩を1つまみ入れるとおいしいといわれる理由は、コーヒーにある独特の苦みや酸味、渋みなどが塩の作用で取れて、まろやかな味になるからといわれています。

 日頃からコーヒーに親しむエチオピアでは、塩を入れるのは当たり前の飲み方です。さすが、現地ではコーヒーのおいしい飲み方を知り尽くしていますね。

塩はすごい調味料だった!

 日本塩工業会技術部長で工学博士でもある尾方昇氏が情報提供する「塩の情報室」によると「塩には、ただしょっぱいだけじゃない、料理のうま味を決める重要な役割がある」と述べています。コーヒーは1つの例で、あまり知られていませんが、塩は「百肴の将」と呼ばれるほどの存在。「全ての料理のうま味は、塩なしでは感じることができない」とのこと。

「ヨーグルト」も塩をちょい足しすると、おいしくなる?

 コーヒーの他にも、塩をちょい足しすると味に深みが出る食べ物として、ヨーグルトがあります。味に魅力を与えるだけではなく、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が塩のナトリウムによって活発になり、より腸内環境が整い、健康効果が見込めるそうです。

 万能な調味料の塩。摂りすぎはいけませんが、味にもうひと押し欲しいときに活躍しますよ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事