連載
» 2016年03月09日 06時00分 UPDATE

星7つ! 岩手県産株式会社「国産サバのオリーブオイル漬け サヴァ缶」をレビュー!

今回選んだのは岩手県産株式会社(製造:岩手缶詰)の「国産サバのオリーブオイル漬け サヴァ缶」(386円/税込、店頭価格)だ。

[小林誠,ITmedia]

 コンビニや通販などで手軽に買える注目商品の中から、健康に配慮されたものだけを取り上げて一言レビューする「飲み食いしつつもヘルスケア」。今回選んだのは岩手県産株式会社(製造:岩手缶詰)の「国産サバのオリーブオイル漬け サヴァ缶」(386円/税込、店頭価格)だ。

ki_food_0601.jpg

オススメ度(10段階評価)

star7.jpg

上質なサバ缶とはどんな味か? “サヴァ”缶を食べれば分かります

 サヴァ缶です。サバ缶ではなく“サヴァ”缶。このアクセントの付け方にしばらくハマること確実です。今読者の中にエセ外国人が多数生まれています。かくいう筆者も先ほどからサヴァ、サヴァ、サヴァと連呼しております。筆者も読者も滅ぶべきではないでしょうか。

 さて王道の名前なのにややこしい感じが否めない岩手県産株式会社の缶詰です。岩手県産から発売する国産サバのサヴァ缶です。もう書きながら「俺間違ってないよな?」と確認すること数回。どこから突っ込めばいいんでしょうか。

 が、味は本物。サバ缶でイメージする味といえば「モサモサ」ですよ。普通のサバ缶ならたった1缶食べているだけで飽きてくる。醤油やマヨネーズを意味もなく加えたり、なにか別の料理に活用したくなる、それが普通のサバ缶です。

 だがこのサヴァ缶は、そのままでおいしいと思える、箸が進むのだ。決して大きな味の違いがあるわけではないのに、なぜだ!? 箸を入れると柔らかく、進んでいくとしっとりしている。ちょっとホロッと崩れやすそうで崩れない、この絶妙な肉感。

 オリーブオイルのおかげか、脂がサラサラ。前回のカレイの缶詰にあるまったり感はなく、すすーっとのどをすぎていきます。しょっぱさ抑えめで、ほんのわずかにフルーティーな風味があるのは野菜エキスのおかげか? それともオリーブオイルのおかげ?

 筆者、これまで多くのサバの味噌漬け、水煮の缶詰を食べてまいりました。なかには本品より高いサバ缶もあったと記憶しております。だがこれほど「ひと味ちがう」「これこそ上質なサバ缶」と感じたのはこのサヴァ缶が初めて。このサヴァ缶でジャンクな料理は作れませんなあ。

ki_food_0602.jpg
ki_food_0603.jpg

公式情報

国産のサバとオリーブオイルが出会って奇跡のヘルシーサバ缶が誕生しました!

とにかく丸ごと体にいい

話題のEPA/DHAが豊富な上に、骨まで丸ごと食べられる。さらにオリーブオイルで一層ヘルシー。

クセがなく手軽においしい

国産サバのうま味を丸ごと凝縮しながら、あさっりとクセのないおいしさ。

キッチンに飾りたい

ちょっと飾ってみたくなるフレンチテイストのパッケージ。

栄養成分

熱量 299kcal
タンパク質 17.2g
脂質 24.3g
炭水化物 0.3g
ナトリウム 205mg
hc_rensai.jpg

健康に配慮した食べ物/飲み物を片っ端からレビューしまくる!

飲み食いしつつもヘルスケア」記事一覧


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう