コラム
» 2016年03月11日 06時00分 UPDATE

「かむ回数」とダイエットの関係、食後のスルメも有効?

[石原亜香利,ITmedia]

 「“かむだけ”で痩せられる」と聞くと「そんなに簡単に痩せられないでしょう」と思う人もいるはず。ですが、よくかむことは消化吸収の面だけではなく、脳内物質の分泌によってダイエット効果が期待できるなど、メリットがたくさん隠されているんですよ。

ダイエット 噛む かむ

かむだけで痩せられるは本当だった?

 人はものを食べるとき、咀嚼(そしゃく)をして食べます。この咀嚼は、食べ物を消化しやすくしているだけではありません。食事中の「満腹感」を得るために、脳の「満腹中枢」に刺激を与える役割もあるのです。口に入れたら、30回程度かむようにすると、5〜10回かんですぐ飲み込んだときと比べて、人間は満腹感を得やすいといわれています。

 つまり、よくかむことで「今、食べてるよ」と脳に情報を送り込み、そのうち「もうおなかいっぱいだね」と情報を伝える仕組みを成しているのです。満腹感と咀嚼には深い関係性があったのですね。

効果は「セロトニン」にあり

 また、よくかむと、脳内物質「セロトニン」の分泌が高まるといわれています。セロトニンは、神経活動の微妙なバランスの維持に重要です。一般的にセロトニン系の調子が悪くなると、精神的な不安定に陥りやすいともいわれています。

 セロトニンが不足すると、いくら食べても食欲に歯止めがきかなくなり、満腹感が得られなくなるという悪影響もあるのだそうです。「よくかむ」ことは、ダイエットだけではなく心身の健康にも密接にかかわっていることが分かります。

 もしダイエットをする場合は、ご飯の量を少なくして、食後にガムやヘルシーなスルメなどをかむと、成功への近道になりそうですね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!